So-net無料ブログ作成
検索選択

牧師の兼業問題とこの業界にはびこるクソ団体再考 乞食の方に失礼である [クリスチャン業界の下世話な話]

最近ネットに復活したBBAは、今クリスチャンのブログの過去記事を一生懸命読みなおしている。
読み物としたら断然、ノンクリスチャンのキリスト教にについて書いたブログや、アンチクリスチャンの書くブログの方が面白い。
というかクリスチャンブログなんて物を伝える視点や基本構成がほとんど欠落したまま、類型化しているので読むに値するものはない。あれだけ高度な文章に日々対峙しているのに、
「聖書という世界最高の書物」があるから、他の本なんて読む必要がない」とリベラルやノンクリをdisっているのに、人の物を伝える能力、もしくは文章力は恐ろしく低く、その言葉が眉唾ものになっていることに本人達はいつ気づいてくれるのだろうか。

いつも愛読しているアンチキリスト教のブログの最近記事に「牧師(神父)は乞食である」という主張が目に入った。
しかし、これはまったくもって無礼千万な話であるので強く抗議したい。乞食の方に失礼である
(この言葉はBBAにとってちょっときついのではないので以下ホームレスと書かせて頂く。あと、やっぱ全部が全部ではなく特に神父シスターは一生独身で普段はあちこち働いている場合が多いということも付け加えさせて頂く。逃げがあることは認める。)

少なくともホームレスの方は、汗もかかずに聖書を片手に赤の他人から金をせびることをしない。金がないのにボコボコ子供も作らず、他人の金で就職に挫折した牧師家庭の馬鹿ガキ共に海外の神学校にいかせてニート暮らしをさせ、特別献金と称して10万単位のお小遣いも払わせない。

そして乞食の方は貧乏ごっこもしない。本当に貧乏だからだ。

しかし、なんでああ我々BBAも含むキリスト者は、イエスキリストの話をしながら、バリサイ人を避難しながら、全力で祭司職に専念したがるのか。
そしてなぜ、本当に貧乏な人間には目もくれず、楽に貧乏をするための貧乏ごっこをするため既得権を守ろうと躍起になっているのだろうか。貧乏人とか弱者というのは大体いろんな意味で間違っていて性格もひん曲がっている人が多いし、、社会派、共産主義への警戒、反省から距離を置いているのはわかるが、戦略的に損をしてないか。

正直良いも悪いも、キリスト教(伝統系)が明治期、戦後に福祉等に力入れている実績がなかったら、この日本ではただの「加害団体」としてとっくに排斥されていたと思う。今は伝統宗教系が残した貯金を韓国・アメリカの新興宗教系のバカ共の悪行で食い尽くしている状態だ
景気の悪い日本人から見れば「税金も払わず地域にも福祉にも貢献せず、日本文化を否定・破壊し、墓参りを否定するのに、社会の墓守としての役割も果たさない」地域で信者不足と資金難であえぐあまたの教会なんて、地域住民の「日本に黙って置いてやってるだけでありがたいと思え」の当然の帰結ではないのか。

また信者の側もどうして、献金すれば、奉仕すれば、いつか幸せがくるなんて妄想をしているのだろうか。
お前ら本当に博打好きだな。いま、ここ目の前に、隣人に、神が常におられると信じているはずなのではないか。
イエス様は大工、パウロはテント職人、十二弟子は医者他、きちんと貧しく働きながら伝道し、子供も作らず殉教したのに、特に酷い一部の者はろくに働きもせず伝道もせず、セックスだけはバンバンしてボコボコ子供を産んで、でかい建物に住んで教育費を人からたかってそのくせ、弱者には極めて冷淡で、目に見えた社会活動もせず、働いている人間を小馬鹿にし、あれで何で平気な顔をして生きていけるのか、まったくもって理解できない。
それが富や楽しみや知性を除外し我慢したゆえの褒美ならば、我らは乞食ならぬ人外の者と呼ぶのに相応しいとすら思う。

以前、牧師の就業問題についていくつかのブログで議論が交わされたのを見たことがある。
「就業経験があるからといって社会性があるわけではない」という意見と、「人々の間で社会性のある牧師を渇望する呻きがあるのではないか」という指摘の主に二つの意見に集約されていたと思う。
前者の立場で福音が富に仕えてはならないとか強固に主張していたのが、例によって、先のアンチキリスト系のブログで「大学で加害活動を行なっている団体」とまで評されたあのサークルKの総主事である。検索にひっかかって欲しいからはっきりいうがその加害団体とはKGK(セックスしたい同好会)のことである。
(最近、KGK+「○○○不穏な単語」で検索している方が多いが何かあった?)

大体、その団体に限らずあんなところにいつまでもたむろっている人間のほどんどは、学問の世界にも伝道にも身を投ずる覚悟もないアマチュア勉強家、そして批判を交わすため、貧乏ごっこしたいための左翼くずれの怠け者が多い。
そしてああいう所は単立教会の世襲かクリスチャン企業の二世とか当たりが主事になるケースが多いので、必死に仕事しなくても生きていけるのだろう。
以前、あしなが育英会の募金活動にKGKの学生が日曜礼拝を休んで参加しなければならない状況を憂いていたが、もう律法主義に陥った人間はここまで愛とか福音とかを放り投げるものかと、それでいて富は手放さないのかと愕然としたものである。

いいですか。育英会等の団体に長年寄付をしているBBAから申し上げますが、その学生が募金に立たなかったら、別の誰かが寒空の中一日中募金に立ちます。
礼拝が理由でそういった活動を拒否するのならば、最初から育英会の奨学金を受けないで自分でバイトなりなんなりして学費を稼いでください。それかお前らの団体で奨学金を用意してください。礼拝を重視して福音を示すつもりならばまず自己犠牲を見せるのが筋です。あなたが一人奨学金を辞退することで別の誰かが学校に通えます。それが本当の愛です。

教会員を公務員やホワイトカラーの職業につくよう脅してそこからピンはねして貧乏ごっこをしているあなた方にはわからないでしょうが、クリスチャン、ノンクリスチャン構わず、お金は時間の、人の命の単価です。真剣に生きているからこそ、人の命を左右されるからこそ、お金に対する感覚はシビアにならなければいけません。募金に立っている若者は確かに気の毒です。彼らは見世物の一面もあります。しかし彼らが矢面に立つことで、「こういう若者がいるんだ」と我々はその空間を共有することができます。例を見せるからこそ、実感できればこそ、「分け合う」ということが現実味を帯びてきます。
残念なことに我々は罪人ゆえにここまでしないとなかなか主の命令を実感することができないのです。シビアになった上で、「分け合う」方法を模索するのです。育英会が上部の高給やいろいろな問題がありながらもまだ多数の寄付が集まるのは、金に関する感覚がまだ市民に近くシビアだからです。
「当事者が募金に立たねばならない現状」とか人のことがいえますか。
会計が集まらず下らない献金のお願いを郵送させる暇があったら、あなた方主事や理事やらが街頭に立ち、寄付を集めたらどうですか。この左巻きの口だけ番長が。

 

BBAはお前らから送りつけられる振込用紙を見る度に、「相変わらず貧乏ごっこして遊んでやがるな」と嘆息するのみだよ!

 

まあこういうクソ共の二代目、三代目ともなると親を見てるのか、やはり子供も怠け者が多く、酷い奴になるとあれで金もらえるなら猫にまかせた方がマシというほど仕事(奉仕)をしない。礼拝だけは「義務これで完了!」みたいにして出るが自教会で本当に仕事(奉仕)しない。あれはもう暇つぶしのサークル活動であり、社会に害なす怠け者共を育成しているだけだ。
献金が欲しい、伝道したいなら少しは人目を構えよ。
主事連中もこちらが献金している裏で夜勤明けの若い男の子が椅子で疲れはてて船を漕いでいる横で、彼奴らはよく寝てよく遊んで勉強してうまい飯を食べながら、貧乏したふりして子供バンバン作って色々たかってまったく楽しそうである。

あと「伝道団体」といいながら、おそらく伝道に一番向いてないというか本音は伝道なんかする気はないんだろうと思う。BBAは十数年見てきたが、読書会という名の程度の低い勉強会(くっちゃべってるだけ)、内輪だけのセミナーと主事のボーナスのための献金のお願い、あとは一般の者から見たら噴飯物の日の丸君が代反対運動で、社会奉仕だとかノンクリスチャンへの伝道活動なんかほとんど見たことがない。あれで金がとれるなら、楽な商売だなとつくづく感じる。
だが、まあ挨拶はしない、教会の奉仕は適当、来会者の声掛け一つできない一般常識に恐ろしくかけた無能に、一般人への伝道や社会奉仕なんかできるはずもないか。下手に外に出て伝道してもらっても、こっちが恥をかくし。そういう意味では身の程をわかった上での選択をしているのかもしれない。

 

最近はちーとマシになってきたのか、このような噴飯物のサークルに入ってもまともな若者も結構割と見かけるようになった。しかしそういう若者に限って、深入りもせずいつまでもつるむことなく、社会に出て鍛錬し、自然と距離を置くようになってしまいまさに悪循環である。
主は見ておられるようで、ここ最近ネットの悪評が表面化し、また時代の影響で経営がかなりジリ貧になっているようだ(会計報告より)。
若かりし頃若気の至りで何回か献金したBBAの所にも、振込用紙の入った封筒を何回も何枚も送りつけてるが、いつまでもたむろっているあそこのサークル者が見ていたら言うが、

 

「伝道成果、社会奉仕を禄にプレゼンテーションできない個人(団体)に金をやる馬鹿な社会人はいません」
「金が欲しかったら、中学生の学級日誌のような程度の低い証w(感想文)と遊んでいるだけ(風)に見える写真を乗せているプリントと振込用紙を人様に送りつける前に、一般常識なんかもう求めないから、せめて自教会の奉仕ぐらいちゃんとやれ

最後に信徒側にも。先のブログより。

>まして「神のモノを盗みとるな」と脅迫されながら「什一献金」を支払うなんて、人間としてダメです。
>判断力が低下しているのだと言わざるを得ません。
>什一献金がダメなのではありません。
>教会に金を払う必要性を疑わないことがダメなのです




ごもっとも。


コメント(34) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

行ってはいけない教会というスレがある3 ブラック教会診断 [ちょっとしたキリスト教の話]

なんやかんや色々あってネットに接続するのも久々なBBAである。
お茶濁しにちょっとした小話をば。
以前、行ってはいけない教会というスレがある。という記事を書いた。
割と反響があって、コメント等も結構頂いた記憶があるが(すいませんコメント後でお返ししますん)、
ブラック企業の特集があったので、ネットで探すとブラック企業を診断するサイトがあった。
その項目をずらずら見てて、「あーこれ、こっち(キリスト業界)とそっくりだわー」と思い、
診断サイトの文章を参考に、BBAの独断と偏見による「ブラック教会」リストを作ってみた。
ひま潰しにでもなれば幸い。

参考にしたのがこちら
→ブラック企業診断リスト

■教会運営■
ワンマン経営な教会である
→牧師の個人商店化している。牧師のカリスマ性が強すぎると良くも悪くも暴走する危険性がある。
洗脳まがいの研修(弟子訓練、断食祈祷)が頻繁に行われる。
→牧師の説教、ブログ等で「弟子訓練の必要性」「イエス様の弟子として奉仕が云々」という
フレーズが出てきたら警戒レベルMAXにして損はない。
教会員の行動が徹底して監視されている
→「分かち合い」なのになぜか個人のプライバシーを監視
勉強会、祈り会等が半ば強制参加になっている。
→体調が悪かろうと欠席しようものなら「信仰が薄い」
休日返上が珍しくない。
→日曜日どころか平日でもイベント過多。休日?何のことです?
現実的に達成不能なノルマを押しつけられる
→週報などに「目標献金額:○○万円 伝道者特別献金目標○○円」オレオレ詐欺のノルマかよ。
規模の割には伝道師、神学生がやたら多い。
→○○伝道所、伝道師、神学生。専業伝道ニートが多ければ多いほど教会員に求められる負担がup
大伝道師、著名な本の執筆者等の付き合いを異常に強調している。
→メガチャーチ関係者の「リバイバル」とかワークシップなんたら
教会名を大手(カトリック&伝統教会)と似せている。
→なんたら○ーテルとか聖書教会とか一見、老舗の教会に見える。戦後入ってきたのにドヤ顔で「伝統的な聖書信仰」


■教会経済■
労基署や警察の事情聴取が入る。
→むしろ監査してほしい。
脱税をしている。または申告漏れが発覚した。
→そもそも税金もとられないから好き放題。酷い所は会計報告すらないんだぜ……。
福利厚生がない。または未整備である。
→未整備どころか信者に「どうせ天国にいくから」「終末だから」と多額の献金を強要され、
教会員は社会保険も年金も貯金もなくかけられず人生詰む。割と転がってる話。
教会HP、紹介パンフレットと実情にギャップを感じる。
→自由献金です!といってたのにトイチ(十一)だとか。
それが聖書に忠実と信じるならしっかりHP等に明記し【最初に】説明しましょう。
明らかに業績と不釣合いな立派な教会を保有している。
今のキリスト教業界の資金難&献金問題の一番大きな原因はこれ
祈れば金が降ってくると思っている。実際には信者の財布を揺らして降らしているだけ。

■牧師■
牧ハラ、モラハラは日常茶飯事である
→ことあるごとに「地獄」「この世」「サタン」「終末」をちらつかせる。
求道者をろくに勉強させず、すぐに洗礼させたがる。
→頭数をすぐ増やしたがる目的はなんですか?
牧師の私的諸経費は、信者の献金。追及したらサタンが紛れ込んでいると説教で公開処刑。
→大半は使徒不明金。払うのは信者。
牧師の仕事に教会員を駆り出す。
→「奉仕」の名目で奴隷労働。無給なだけ奴隷より酷い。
牧師が教会の規模に見合わない高級車に乗っている。
→信者は自転車、牧師とその家族はベンツ、たまーにある。
HPやパンフレットにとか熱意とかやる気とか、やたらと精神論を並べている。
→聖書系原理主義者で信仰と根性論を混同しビジネスしようとする。

■教会員■
教会員の平均年齢が25歳前後である
→日本に馴染めなかった留学生崩れが多い。
別の意味でのコミュ障が多く経験も浅いので後々問題が起きやすい。
教会員同士の人間関係が悪い、会話が少ない、喧嘩が多い。教会員の吊るし上げ、イジメ行為がある。
→口では聖書用語。裏では悪口。悪口千里を走り、後に公開糾弾会。
ブラックキリスト者に決して腹を割ってはいけない。
やたら教会用語を使う。通ぶった教会員が多い。
→「証する」「未信」「デボーション」「救われる」相槌に「アーメン」。
もしくはジーザス、ハート、ビジョン、リーダーとかもはや日本語さえも似非外国風。お前の母ちゃん何人だ。
教会に長く残るのが「聖書的な信者」
→礼拝だけ、もしくは礼拝を休むと「信仰が足りない」と怒られる。
洗礼後3年以内の離脱率が高い。
→むしろうまく逃がれたら運がいいレベル。全力でストーカー化する。

ここまでつらつら挙げてみたが、もっと効果的かつ的確な見分け方がある。

ネット上で「原理主義」「カルト」の噂がたっている。
2ちゃんねる等で、悪い書き込みが単発ではなく数レスもしくは多数書き込まれている。

そして最終的にはグーグルで、該当教会、教派名を検索し、
「他のキーワード」として「カルト」「狂信的」「問題」などの不穏な単語が出始めたらほぼアウト
(↑他のキーワードは相当大勢の人間が語句を入力しないと反映しないため)
そしてこの段階になると、ネット上の評判の挽回はかなり難しくなり、大体半年~1年遅れてネットを見てない層にも確実に広がっていきます。

色々書き連ねてみたが、どれか一つでも当てはまったらだめというわけでもなく、
該当する項目が多いほど、超体育会系の信仰を目指すわけでもない
ふつーの人にとってはきついと思う。

情報のご利用は信仰に応じて計画的に。

この行ってはいけない教会シリーズは今度も続く予定。
次はたぶん「ホワイト教会」について。


コメント(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。