So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょっとしたキリスト教の話 ブログトップ
前の2件 | -

BBAの放言 ご同情申し上げます [ちょっとしたキリスト教の話]

男性クリスチャン諸君へ

スかブスとは言わないまでもどこか魅力のない女が多いですよね。わかります。
残念ながら申し上げますが家庭的な美人教会はほとんどいません。
例えたまに教会にいても、あなたが聖書的付き合いとかまごまごして「リーダー()」
「未来の教会役員()」
とか教会に甘やかされている間に、競争社会のノンクリスチャンの
イケメンがとっとと処女を奪いにかかるか、極少数のあなたよりもっとイケメンの
リア充二世クリスチャンがさらっていきます。
「誠実さ」「聖書的結婚」というのは、守ることの難しいイケメンリア充が守ってこそ
価値のあること
であって、誰も女が寄ってこない、結果誠実にならざるを得ない面々が
アピールしてもせいぜいキープとして扱われるだけです。

聖書とかこの世とか理屈をほざいている暇があったらまずは年収300万、不細工ならば
年収400万キープしましょう。それで駄目ならたぶんどこでも駄目です。
女余りで男性に相当甘いクリスチャン業界で伴侶を見つけられないなら、
この世ではまったく値がつきません。諦めてパウロを目指しましょう。

狙うはクリスチャンホーム出身の若い美人。いいですよね。処女性も高く
しっかりとした家庭で育った人が多いです。しかしクリスチャンホームの女性は、
小さい頃から教会に男性が少ない、いてもまともな人が少ないことを知っているので
あまり夢を見ません。
適齢期に入り周りに「一定基準」以上のクリスチャン男性がいないと察すると、
すぐに割りきってノン・クリスチャン男性に目を向けます。
そして変人とブスと年増が残ります。やりきれませんね。

しかし、あなたがたが「ヤリチン」と馬鹿にしているノン・クリスチャンの男性は、
祈れば天から家庭的な美人が降ってくると教会でぼーっと下らない賛美やお茶を飲んでいる間に、
激烈な競争社会でいい女を捕まえるために、家族を養うために社会で働いているので、
あなたがたが負けるのは当然の理屈です。この世を敵視するのはまったくお門違いです。
だれだって社畜になりたいわけではなく、自分らしく生きて家庭を持ちたかったのです。

残りはクリスチャンホーム出身の余りもののブスと家庭環境で傷ついたしたゆえに
救いを求めたメンヘル美人、または留学帰りの屈折して弁の立つ理屈屋です。
家庭的な女を選ぶならブス、生理的要求に従うのなら非処女の美人(もれなくメンヘル付き)。
ブスかメンヘル非処女かアメリカナイズされたジーザス連呼の理屈屋、
あなたの好みでお選びください。

女性クリスチャン諸君へ

収入のブサ面、学生が多いですよね。わかります。
残念ながら申し上げますが、リア充イケメン、高収入じゃなく「定」収入ですら
教会にはほとんどいません。
神様とか聖書とか言う暇あったらまともな職につけよ、といいたいぐらい教会にいるのは、
教会で甘やかされてぼーっと突っ立てる無職ギリギリの暇人もしくは心を病んで
教会に逃げ込んだメンヘル
ばかりです。

あなたがたはセックスを武器にできません。それはまあいいことです。
ろくてもない処女厨がハイエナのように寄ってくるのは難点ですが、
それを避ければ処女を餌に自分の価値を嵩上げするのは戦略として悪くありません。
ただし処女を守って勝負できるのも20代中盤までですが。
「処女」「聖書的結婚」というのは守ることの難しい若い美人が守ってこそ
価値のあることであって
、年取って誰も男が寄ってこない、
結果処女にならざるを得ない面々がアピールしてもせいぜい痛いお局として扱われるだけです。
時期を間違えないように。

クリスチャン女性は初めから不利な戦いを強いられていることは覚えておきましょう。
クリスチャンホームを目指す=一生独身を覚悟し将来に備える現在ではこれぐらいの心構えが必要です。
運良くクリスチャンホームを築いた奥様方、他所のノンクリと結婚した奥さんに
優越感を感じる暇があったら、子供が娘さんの場合小さい頃から仕事の重要性を
叩きこんでおきましょう。

20代後半になって生理的に無理なメンツと結婚したくなかったらとにかく金を稼ぎましょう
年収150万の見た目そこそこの若いクリスチャンまで選択肢が増えます。
たまに女性クリスチャンの中に「聖書的結婚」「男に仕える」というのをまんま受け取り
教会生活を重視しすぎて、社会でバリバリ働くことを軽視する者もありますが、
完全に戦略として間違ってます。
私の経験からいうと、教会にたむろせずバリバリ働いているクリスチャン女性ほど結婚率は高いです。

教会に若い男が少ないために激戦区です。
洗礼を受ける前に、この厳しい現状をよく頭に入れておきましょう。
ちなみにノンクリスチャンの男はクリスチャンの女を二割引きで扱います。
セックスさせない上に頑固で扱いにくいから。

またクリスチャンホーム出身の定収入を稼ぐ男は女性から人気がありますが、
高く処女性を求めるので、大体クリスチャンホーム出身「年下」女性を求めます。
クリスチャンホーム以外の女子は「怖くて」「不気味」なのであまり求めません。
こいつら保守的で安定志向が骨の髄まで染み込んでおり、自分が買い手市場であることを
意識しているので高望みが多く狙っても無駄です。あと結構お家べったりのマザコン多いです。気をつけるように。
またこれからの競争社会において能力的に狙う価値があるかどうかもBBAから見たら眉唾です。

しかし、あなたがたが「ビッチ」と馬鹿にしているノン・クリスチャンの女性は、
祈れば天から金持ちのイケ面が降ってく教会でぼーっと下らない賛美やお茶を飲んでいる間に、
男を捕まえるために化粧をして妊娠する覚悟で股を開き決戦に臨んでいるので、
あなたがたが負けるのは当然の理屈です。
だれだって股を開くのならば無駄球は打ちたくなく、一本釣りをしたかったのです。
この世を敵視するのはまったくお門違いです。

結婚できなくてくすぶっている男性は、財政破綻、人格破綻、顔面破綻のどれかであり
重複している場合も多いです。クリスチャンに限れば「困難」じゃなくて、
「破綻」であることがポイントです。
財政破綻、人格破綻、顔面破綻、あなたの好みでお選びください。

 教会関係者御中

乏に耐え子供を育ててみたものの、頼みのクリスチャンホームの子弟は優秀な者ほど教会を離れ
残ったのはどこかうだつがあがらず……教会存続に頭を抱えていること、お察し申し上げます。
というか、自分の子弟をクリスチャンにしなければメンツが立たないあなた方にとって、
自分の子供以外の次世代の信仰継承なぞ二の次、三の次だったこと同情致します。
残念ながら申し上げますが、教会を支えるようなクリスチャンホームを築ける
健全な成長を果たした若者なんてほとんどいませんでした。

どんなに神の愛を説いても、どんなに律法に従った教育をしても、
息子娘は、報われない両親の貧乏生活、楽しくない日曜学校、
この世よりはるかに理解に苦しむ変人ばかりの教会生活、運動会に両親は来ず、部活には入れず、

乱れてはいても美しく優れたものがたくさんあるこの世の世界とのギャップ
苦しみながら成長していくことになります。
クリスチャンホームに生まれることは神の恵みといったら「あなた方には」気持ちがよかったかもしれません。
しかし個性の強い聡い子供、またはお顔の造作が整っている子弟にとっては煉獄になる場合があります。
清貧は美徳ですが極端に行き過ぎてはいけませんでした。
金の豊かさ汚さを知らぬまま育ってしまった者は、苦しみから「安定」といった偶像に溺れていきます。
どれだけの子供達が仕事を理由に名前だけのクリスチャンに成り果て教会に来なくなったでしょうか。
しかしそれを責めてはいけません。
やっと始終監視の教会と貧乏という牢獄から離れて、この世の自由を満喫しているのですから。

子弟は諦めた、献身者を育てよう……。
しかし、「聖句が与えられた」といきいきと自分の体験が、さぞ神の召しかのように話す
「そりゃてめえの気のせい、いや妄想だ」とも言えず、俗社会に耐え切れず客観性を埋没すること
を選び「宣教のビジョン」とか「次世代のリーダー」とか主観的な寝言をほざく若造、
または「聖句の説明だけすれば説教が成り立つと思ってんのかこの薄ら馬鹿」と言いたくなるような
いかにも就職で失敗して第二の就職先として牧師を選んだとばかりに受け身の覇気のない若者ばかり

こんな社会不適合者を整えなければならぬあなた方に心からご同情申し上げます。
大変とは思いますが、そのまま社会に出しても使い物になりませんので、
なんとか整えてお用い下さいませ。
願わくば、この世を敵視する割には都合よくシステムにのっかりピンはねしようとする
献身者ではなくて、この世の痛みを知り、貢献できる献身者に育ちますように。

子育て真っ最中の若いクリスチャン夫婦へ。
もしクリスチャンにならなかったらなんて心配して、俗世間から極端に距離を置かせることだけはやめましょう。
BBA二十年の経験から申し上げますが子供が一旦教会と親に青春を台無しにされたと感じたら
祈っても諭しても二度と再び教会には戻りません。

いくら親が立派なキリスト者でも律法に厳しくしすぎたために、
教会を憎みながら離れたクリスチャンホームの子供を山ほど知っています
親に反発し教会に戻らない若者はまだ救われている方です。
逃げられなかった者は心を壊すか、逆に教会内にとどまり他人の金と自由を搾取する側に回ります。

愛があれば必ずとは申せませんが、子供はある程度ほったらかしても個性豊かに育ちます。
子供が「神なんかいない」とほざくようになったら、この世や進化論ごときを目の敵にして、
聖書のみ言葉や素人が経営しているチャーチスクールなんぞに逃げ込む前に
ドーキンス、ニーチェ、チョムスキー、ホーキングの本でも同時に叩きつけて
「んならしっかり勉強してみろ」と放っておきましょう。それで何を選択するかは神の自由です。
親の逃げの後ろ姿から子供は信仰への懐疑心を見ます。

人間は「神なんているかハゲボケ氏ねカス」と言いながら真理を追求し
てめえの手で稼ぐことを覚えて初めていっちょ前になります。
自立に向かう道には神と子供の意志しかなく、最初から親の出る幕なんかありません。
それより隣の薄汚く年老いた配偶者との関係が大事です。
子供と違って大人は常にメンテナンスが必要なやっかいなポンコツなのです。

最後に

やや誇張した表現があること、お詫び申し上げます (・ω<)テヘペロッ


コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

行ってはいけない教会というスレがある3 ブラック教会診断 [ちょっとしたキリスト教の話]

なんやかんや色々あってネットに接続するのも久々なBBAである。
お茶濁しにちょっとした小話をば。
以前、行ってはいけない教会というスレがある。という記事を書いた。
割と反響があって、コメント等も結構頂いた記憶があるが(すいませんコメント後でお返ししますん)、
ブラック企業の特集があったので、ネットで探すとブラック企業を診断するサイトがあった。
その項目をずらずら見てて、「あーこれ、こっち(キリスト業界)とそっくりだわー」と思い、
診断サイトの文章を参考に、BBAの独断と偏見による「ブラック教会」リストを作ってみた。
ひま潰しにでもなれば幸い。

参考にしたのがこちら
→ブラック企業診断リスト

■教会運営■
ワンマン経営な教会である
→牧師の個人商店化している。牧師のカリスマ性が強すぎると良くも悪くも暴走する危険性がある。
洗脳まがいの研修(弟子訓練、断食祈祷)が頻繁に行われる。
→牧師の説教、ブログ等で「弟子訓練の必要性」「イエス様の弟子として奉仕が云々」という
フレーズが出てきたら警戒レベルMAXにして損はない。
教会員の行動が徹底して監視されている
→「分かち合い」なのになぜか個人のプライバシーを監視
勉強会、祈り会等が半ば強制参加になっている。
→体調が悪かろうと欠席しようものなら「信仰が薄い」
休日返上が珍しくない。
→日曜日どころか平日でもイベント過多。休日?何のことです?
現実的に達成不能なノルマを押しつけられる
→週報などに「目標献金額:○○万円 伝道者特別献金目標○○円」オレオレ詐欺のノルマかよ。
規模の割には伝道師、神学生がやたら多い。
→○○伝道所、伝道師、神学生。専業伝道ニートが多ければ多いほど教会員に求められる負担がup
大伝道師、著名な本の執筆者等の付き合いを異常に強調している。
→メガチャーチ関係者の「リバイバル」とかワークシップなんたら
教会名を大手(カトリック&伝統教会)と似せている。
→なんたら○ーテルとか聖書教会とか一見、老舗の教会に見える。戦後入ってきたのにドヤ顔で「伝統的な聖書信仰」


■教会経済■
労基署や警察の事情聴取が入る。
→むしろ監査してほしい。
脱税をしている。または申告漏れが発覚した。
→そもそも税金もとられないから好き放題。酷い所は会計報告すらないんだぜ……。
福利厚生がない。または未整備である。
→未整備どころか信者に「どうせ天国にいくから」「終末だから」と多額の献金を強要され、
教会員は社会保険も年金も貯金もなくかけられず人生詰む。割と転がってる話。
教会HP、紹介パンフレットと実情にギャップを感じる。
→自由献金です!といってたのにトイチ(十一)だとか。
それが聖書に忠実と信じるならしっかりHP等に明記し【最初に】説明しましょう。
明らかに業績と不釣合いな立派な教会を保有している。
今のキリスト教業界の資金難&献金問題の一番大きな原因はこれ
祈れば金が降ってくると思っている。実際には信者の財布を揺らして降らしているだけ。

■牧師■
牧ハラ、モラハラは日常茶飯事である
→ことあるごとに「地獄」「この世」「サタン」「終末」をちらつかせる。
求道者をろくに勉強させず、すぐに洗礼させたがる。
→頭数をすぐ増やしたがる目的はなんですか?
牧師の私的諸経費は、信者の献金。追及したらサタンが紛れ込んでいると説教で公開処刑。
→大半は使徒不明金。払うのは信者。
牧師の仕事に教会員を駆り出す。
→「奉仕」の名目で奴隷労働。無給なだけ奴隷より酷い。
牧師が教会の規模に見合わない高級車に乗っている。
→信者は自転車、牧師とその家族はベンツ、たまーにある。
HPやパンフレットにとか熱意とかやる気とか、やたらと精神論を並べている。
→聖書系原理主義者で信仰と根性論を混同しビジネスしようとする。

■教会員■
教会員の平均年齢が25歳前後である
→日本に馴染めなかった留学生崩れが多い。
別の意味でのコミュ障が多く経験も浅いので後々問題が起きやすい。
教会員同士の人間関係が悪い、会話が少ない、喧嘩が多い。教会員の吊るし上げ、イジメ行為がある。
→口では聖書用語。裏では悪口。悪口千里を走り、後に公開糾弾会。
ブラックキリスト者に決して腹を割ってはいけない。
やたら教会用語を使う。通ぶった教会員が多い。
→「証する」「未信」「デボーション」「救われる」相槌に「アーメン」。
もしくはジーザス、ハート、ビジョン、リーダーとかもはや日本語さえも似非外国風。お前の母ちゃん何人だ。
教会に長く残るのが「聖書的な信者」
→礼拝だけ、もしくは礼拝を休むと「信仰が足りない」と怒られる。
洗礼後3年以内の離脱率が高い。
→むしろうまく逃がれたら運がいいレベル。全力でストーカー化する。

ここまでつらつら挙げてみたが、もっと効果的かつ的確な見分け方がある。

ネット上で「原理主義」「カルト」の噂がたっている。
2ちゃんねる等で、悪い書き込みが単発ではなく数レスもしくは多数書き込まれている。

そして最終的にはグーグルで、該当教会、教派名を検索し、
「他のキーワード」として「カルト」「狂信的」「問題」などの不穏な単語が出始めたらほぼアウト
(↑他のキーワードは相当大勢の人間が語句を入力しないと反映しないため)
そしてこの段階になると、ネット上の評判の挽回はかなり難しくなり、大体半年~1年遅れてネットを見てない層にも確実に広がっていきます。

色々書き連ねてみたが、どれか一つでも当てはまったらだめというわけでもなく、
該当する項目が多いほど、超体育会系の信仰を目指すわけでもない
ふつーの人にとってはきついと思う。

情報のご利用は信仰に応じて計画的に。

この行ってはいけない教会シリーズは今度も続く予定。
次はたぶん「ホワイト教会」について。


コメント(56) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - ちょっとしたキリスト教の話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。