So-net無料ブログ作成
クリスチャン業界の下世話な話 ブログトップ
前の2件 | 次の2件

クリスチャンと非嫡出子(2)  未婚の母は親になる資格はないのだから子供を捨ててください^^ [クリスチャン業界の下世話な話]

「胎児の人権」とやらで頑張って生んだところでキリスト教含め未婚の母に対するリアルの反応はこうである。

>はじめから結婚と家庭を望まない未婚の母や、夫婦愛の自然の営みを通らない試験管ベビーや代理母など。もともと子どもを育てる資格のない親のもと

オバマ大統領、妊娠中絶を容認

それに対する反論
>(コメント欄より)言ってる理想はわかるけれど 現実、望まれないで生まれてしまった子の権利は書かれていない。

反論に対する司教の反論

>今はたいてい社会福祉法人を通してであるが、教会のイニシャチブによって種々の社会福祉事業が行われ、不幸な女性や子供を助けてきた。特に、特別な事情のもとに妊娠し、中絶の誘惑にさらされる女性たちを助けるために意を用いて来た

助けてきたのは事実であるが、もう一方でカトリックが映画「マグダレンの祈り」の舞台の修道院を1996年まで廃止しなかったことも忘れてはならない。さすが2000年。建前と侮蔑に歪みがない。

 ついでに

シングルマザーがカトリックの小学校を受験しようとした時のリアルの反応


要するに「命の大切さ」とやらで生んでも養子に出すかポストに捨てるかしない限りあらかじめ社会からはじきますよ。ということだ。

それともなんだ。婚姻外で産まれた子に産まれてきたものは仕方がないし我々には関係ない世界の人間だからフォローしないけど、どっかに数少ない人間の善意があるかもしれないからそれに縋り付いて生きていけとでもいうのか?当事者に。
それなら母親の考えとして、産んで生木を裂くようにして子供と離れて一人前になるより、最初から「なかったこと」にして次の子供には数多くの善意が保障された人生を歩ませたいと思っても非難はされまい。

まあそれは極論だが、キリスト教で一番優れたシステムは養子制度である、とは私も思っているのだ。
世の中には親から人間から世間から必要とされない人間は山のようにいる。
また反対に世の中にはどんなに愛情深くても善人でも子供に恵まれない人間も山ほどいる。
主は創造主であられるから人間側の事情を斟酌なさらず、またその必要もない。
養子システムはこの両者を結びつける今の所有効な手段の一つである。

ただこれは血の概念の強い国(特にアジア)ではなかなか導入が難しく、お隣の韓国では逆に
キリスト教の割合が多い韓国でもこのすぐれたシステムを利用せんと毎年多くの障害児や私生児が海外に「輸出」されている。中絶するよりマシかどうかは私は知らない。個人的には「恥知らず」だと思うしこんな国にむやみに頭を下げたり、こんな国の牧師をマンセーするキリスト教関係者もアホかと思う。


ここではっきりいっておくが、私はクリスチャンで「中絶否定派」ではない
非嫡出子の相続格差は撤廃。無論相続も認めるならば、負債も介護義務も折半である。
「本妻の権利の侵害(なんだそれ)」というなら生前贈与か遺言書を義務づけるべきであろう。
非嫡出子の最低限の権利も中絶を認めずなおかつ婚姻制度を維持するというならば、
いっそ婚姻外の罪は「姦通罪」を作って、罪を犯した男女、生まれた子を全部死罪にし徹底的に排除して然るべきとすら思っている。


昔からこの手の運動は、身分制度があると言われている。

寿司を振舞って金を稼ぐ職人(牧師) それを食べる人(クリスチャン)、寿司ネタ(胎児())
と昔から役割が決まっていて、寿司ネタはいつだって喰われる側だ。
貧乏人、非差別者は昔から知識人、善人の研究対象、捕食対象であり、金儲けと自己満足の手段である。

まあつまり胎児だの非嫡出子だの養子だのは金ヅルなのだ。金ヅルの上に善人ぶれるからこれほどいい獲物はない。
存在がリアルでないから生まれて差別されよーが、貧困に喘ごうが「心の底から」どうでもいいのだ。
当事者じゃないから。クリスチャンになったら教会にそんな人間いないでしょ?はじくから。
自分と家族がクリスチャンでいれば、そして子供もクリスチャンでいれば、社会秩序の中で地位は保障され、クリスチャンだけのコミュニティで安心安全無菌な世界にいることができる。


コミュの中で完結すればいいが、たまにそれでは我慢できず社会に物申す人間もいる。
それなら最低限の資質は持って頂きたい。社会に物申す人間に必要な資質はなにか。私はそれは当事者意識と加害者意識だと思っている。
誰よりも強い当事者意識があってこそ初めて社会は聞く耳を持るのではないか?
中絶を否定できない人間は、基本一番弱者に冷たいものだ。否定はしない。
しかしまだ「生まれてきたらこの子はきつい運命にある」とある程度残酷な当事者意識はある。
平和ボケしすぎて「本当に心底(神以外)祝福されていない」前提の人間のことを考えることすらできなくなっているのではないか?
「もしかしたら自分がその立場になるかもしれない」
「この人達を阻害もしくは迫害しているのは自分ではないか」

これをキリスト教では「罪」というのではないかと思ったが、どうやら違うようだ。
一部のクリスチャンの中では「ぼくのかんがえたさいきょうのせいしょ」に従わない他人が「罪人」で「ぼくのかんがえたさいきょうのせいしょてき○○」に従わないすべてが「罪人」であり「この世」だそうだ。
はっきり言うがこう思うようになったら人間をやめた方が良い


コメント(2) 

日本のキリスト教系プロライフもどき団体と非嫡出子(1) 区別(差別)はするけど中絶反対です!!^^ [クリスチャン業界の下世話な話]

新春明けまして今年も暴論である。

年末のコミケ主の助けにより無事新刊は完売した。これも主の御助けであると心から感謝する次第である。BLだけどな。
十二月から更新していなかったので一部のクリスチャンは胸を撫で下ろしただろうがそうはいかない。
今年もガンガンネット上にゴミを撒き散らす所存である。


まず最初にせっかちなクリスチャンのために断っておくが、おばちゃんは「婚前交渉反対派」で「結婚制度賛成派」である。
それを前提として今日の議題。

正月早々ミヤネのおっさんに女性問題発覚である。

どうみても二股したあげく水商売の女を孕ませて中絶するだろうとタカくくってたらしなかったんで仕方なく認知したでござる

の典型例です本当にry。

四年隠し通せたというのは、事務所の力もあろうがおそらく養育費系でもめて女性側からリークが入ったのだろうと推察する。
責任も取らずトンズラする男が多いなか、認知するだけでまだマシです!評価できます!なんていう声がキリスト者から聞くたびつくづく、芸能界とキリスト教は男に甘いと感じる次第であるが、今にはじまったことでもないので割愛する。

つかプロライフを標榜する人間が胎児の命がどうのこうの言う前に、その子供が大きくなって自分のHP見るかも知れないのに子供に対して「隠し子」「隠し子」連呼すんなや。
この辺の言葉のチョイスに疑問をまったく持たず、声も出せない相手(胎児)を自分の善意の前面に押し出すなどまさに卑怯そのもの、悪にも劣る。
リベラル派やノンクリをヒューマニズムに堕したとか聖書的ではないと否定するが、こんな愚鈍な善人()になるならば聖書的でなくても結構である。
若いクリスチャン諸君は、こんな福音派聖職者の「胎児の人権」論を真に受けないように。バカになります。

怒りにより脱線した。話に戻ろう。
認知といったら非嫡出子。非嫡出子といったら中絶問題である。

さて、日本にもプロライフもどき団体があり、キリスト教関係者が多数参加している。
もどきをつけたのは「プロライフ」という言葉に失礼だからだ。
聖書的にいえば、「胎児の命」が重要とのことである。しかしこれは「善人でありたい人のための」建前であろうと私は思っている。
アメリカあたりではプロライフ団体とプロチョイス団体が熾烈な争いを繰り広げていて、たくさんの議論がある。
アメリカのプロライフ団体には過激派もいて、中絶医を殺したり爆弾を仕掛けたりテロ並みの活躍をしているが、
それでも日本のプロライフもどき団体よりはまだ筋が通っていると思う。
理由は一つ、「非嫡出子の法的扱いが完全に平等」という土壌の元、議論を交わしているからだ。

私が日本のキリスト教系プロライフもどき団体の主張を眉唾ものと考えているのは、この「非嫡出子の相続問題」について、どうも言葉を濁しているというかなんの議論も主張もしない所にある。
日本における中絶問題において議論する人間が、この日本の非嫡出子の相続問題を「知らない」はずはありえないし
今時法律をかじっていれば高校生でも知っている。


だいたいこの相続格差是正の話は別にフェミニズムや人権団体のムチャぶりというわけでもなく、相続格差のある国は日本とフィリピンだけという有様。
また法律面においても、最高裁レベルでもギリギリ合憲で、ほとんどの法律関係者は「違憲前提」。
あとは家族制度の秩序が~って騒いでいる「ぼくのかんがえたさいこうのちつじょ」論者が
少子化でにっちもさっちもいかなくなって「仕方ありません」となるのを待つ段階である。
つまり主張したって、イエスキリストは神です!神なんですってば!と訴えるよりまーだノンクリスチャンに受け入れられる余地のある話なのだ。

非嫡出子の相続格差、これを二分の一から同等にするだけでも、おそらくキリスト教なんたら団体が
一年間で養子にできる人数よりはるかに多い赤ちゃんを少なくとも「中絶」から免れることができる
だろう。
もし「胎児の命」が何よりも大事ならば、非嫡出子の相続について団体として、または一個人として一家言あってもしかるべきである。
しかし何も言わない。だんまりである。なぜか。

理由は非嫡出子の相続格差を是正すると、キリスト教の存在意義の一つである結婚制度が間違いなく綻ぶからだ。

結婚制度>>>>>>>>>(超えられない壁)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>胎児()の命

まあつまりこういうことである。
私は別に↑の図が間違っているとも思わない。

それならそれで私がいいたいことは、別にムチャいってるわけでもない法律問題をスルーしたまま、「胎児の命」 という「声を出せない存在」を建前にして利用しないでくださいませんかね?反吐がでるから。

 ということである。

まあ旧約聖書だけならキリスト教はまだこんなに混乱しなかった。
「不倫の子」は集会にも入れず、そりゃあ惨めな扱いをされて死んだ。心あるキリスト者はご存知のことであろう。自分らが率先してやってきたことだから。

むしろキリスト教が社会の秩序であり正義である、結婚制度をはじめとする社会の秩序は胎児の命より重い、と主張するならばはっきりとそう明言した方が信者は増えるだろう。

しかし今の現状↓、

産まれた時から母子家庭。親戚、地域からも排除され、ほとんどの場合貧困で+差別侮蔑が基本仕様。
未認知だったら父親も誰かわからず認知済みでも相続は民法で半分、子供は父親の葬式にも出ることができない。


で「胎児の命が云々」と何の責任もない他人に言われても、
ぶっちゃけ、そりゃー女は堕ろすよ。自己責任で。

婚前交渉は不始末である。ならばその不始末を「自己責任で」。
自分は殺人者でいい。一生傷ついたまま、墓まで持っていく。
日本のキリスト教系プロライフもどき団体の関係者はそんな女性の自己責任論を胎児の命を建前にして否定するけど、てめーはどうだって話だ。

「差別(区別)」はそのまま。でも命は大事です!中絶反対!

 

 

なんだそれは。自己責任以下じゃねーか。


コメント(27) 
前の2件 | 次の2件 クリスチャン業界の下世話な話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。