So-net無料ブログ作成

行ってはいけない教会というスレがある。 [ちょっとしたキリスト教の話]

いつも色つきの長い文章を書くのもしんどいのでたまにはメモ程度の記事も出していきたい。

これを世間ではお茶を濁すというが、 何度もいうが私はクリスチャンであるので年末は忙しい。コミケで。

 さて、某巨大掲示板の宗教板には「行ってはいけない教会」というスレがある。
日ごろ知恵袋とか2chで情報収集するタイプの人は
「損をしたくない」気持ちが強い守りの姿勢の人が多いが、同時に利害関係のない
他人にも損をしてほしくないと思っている人が多いので、
匿名は匿名なりの親切心というものがある。

私は教会選びにこれらのリストを使ったことはないが、見た感じ…


うーん、まあ、ある程度あってる…かも?極端過ぎるけど。
とんでもないカルト教会をつかまないための自衛策といってもいい。
特に、「★新興プロテスタント教会によく見られる特徴」の欄はおもしろい。抜粋してみよう。

1 チャーチ・チャペル・福音・聖書と教会名につく (「日本福音ルーテル教会」などは除く)
2 正統・聖書・福音(的・主義)を自称する
3 韓国との交流・悪魔悪霊の話・弟子訓練・セルチャーチ(グループ)がある
4 車社会の地方なら老舗百貨店から離れた場所にあり第二次世界大戦後に進出してきた
5 リバイバル・フェローシップ・聖霊様・牧師先生という
6 「証する」といって自分がいかにしてイエス様を信じるようになったかという話を人前でさせる
7 ヤクザから聖職者になった人や他の宗教からきた人を広告塔にする
8 什一献金や焼香拒否のような狂信的な戒律がある
9 聖書は新改訳
ただし、戒律や多額の献金がある場合は避けるべきですが、
そうでない場合は、安心して通えるかもしれません。教会名を出して質問するとよいでしょう。


このリスト的にいったら、うちの教会なんて9のうち6つもある。全然ダメダメである。
しかし教会生活ん十年のおばちゃんにとって、今の教会はいくら赤信号といっても
それほどカルト的でもなければ、狂信的でもないといえる。
自分的に見て、特に気をつけた方がいいのが3,8だと思う。
悪くはないんだが、3,8に該当する教会は超根性がいる。
薄味の教会が物足りない人もいるので、個人の趣味といってもいいかもしれない。

重要なのは、最後の但し書きであるのだが、いい教会に当たるのはまあ要するにの問題である。
運の問題になってる時点で、もうクソなのだがそれが今のプロテスタントの現状といってもよい。

でも正直自分も福音派についてくそみそ語っているが、まあ8割~9割は大体穏健で
こじんまりとした普通の教会
である。リストを全部クリアしてても、カトリックでも自分に会わなければダメだ。

リストの是非はさておき、現代ではこういうリストが作成されるぐらい、
教会生活に疲れきって疑問があるキリスト者が多いのであろう。

もっと心配な人は色々意見があると思うが、有名ブログ「随想吉祥寺の森」の「要注意の教会・牧師」コーナー
を読んでみよう。全部読み終わったら教会に行く気が0になると思うけど。

*先の記事について色々議論があるようですが、色々長くなってきてまとめる時間がないので、続きについてはもうちょっと後になると思います。


コメント(15) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。