So-net無料ブログ作成
-| 2011年10月 |2011年11月 ブログトップ

クリスチャン業界(主にプロテスタント)にちょっと言ってみる(1) 児童・青年向けの本の低レベルさ [クリスチャン業界の下世話な話]

私自身、日曜学校の教師をしているのでキリスト教書店に出向くことは多い。
そして行く度に、児童・青年向けの本・音楽・グッズの質の低さに嘆息する。

格調高いっぽいデザインで統一しているカトリックの場合、

「うちはうち!よそはよそ!古臭いリアルな油絵だけどマリア様はマリア様!!」

と、とにかく2000年大体一貫しているのでそれはそれで一つの文化として成立しているが、
カトリックの「抵抗」勢力としてのプロテスタントが今だ迷走しているように見える。

児童・青年用の書籍等をパラ見して、後ろの値段を覗く度に

「そこらの中学生でももっとましな話・絵・曲を書くだろう」
「信仰があれば、質が低くても許されるとでも思ってんのか」

というようなこの世以下の低レベルな作品をバカ高い値段で売っている様は
まるで某同人誌即売会のぼったくりの薄い本を彷彿とさせる。

haruhi.jpg

児童向け伝道雑誌(某キリスト教出版社)の表紙のキャラと某同人誌即売会の薄い本のキャラと奇妙な類似

(お隣の某赤い大国のことを笑えないし、なまじっか薄い本の絵のクオリティが高いので余計みじめである)


なんとか子供達にキリスト教を興味を持ってもらいたいと試行錯誤をしているのが伝わるが、
「この世」を敵視している割には、中途半端に「この世」をとりいれようとするものだから
結果が悲惨になりがちである。

作品が良くない→売れない→原価を高くするしかない→ますます売れない

の悪循環に陥っているようでならない。

それでも「この世」の人達がどれだけ利益を得るために例え子供向けでも
必死にマーケティングリサーチをしているかなんぞ「この世的な拝金主義」と一笑して考えもしない。
市場が狭く選択肢が少ないことをいいことに、ろくなリサーチもせず低レベルなものを量産して、
売れなかったら、「サタンの作った世界は魅力的だから」
「この世」のせいにして子供を囲いこもうとする。冗談じゃない、サタンさんに失礼である。

クリスチャン以前に要するにこんなのは信仰にあぐらをかいたズボラなのである。

こんな大人なクリスチャンの、

「クリスチャンなら多少手を抜いても、質がイマイチでも
信仰がありますから買ってくれますよね?ね?」


みたいな拝金主義にも劣る俗悪さは、だいたい子供も敏感に察知していて、
クリスチャンホーム出身の子は小さい頃から家庭の空気を読んでいるので、
こんな作品でも諦め半分で受け取ってくれるが、ノンクリの家庭の子はそうはいかない。

一回、某福音派出版社の子供向け雑誌を他の教師が子供達に配布したことがあったのだが、
後に子供達がそれをこっそり壁の隅っこにまとめて捨てていたのを発見した時は

「子供達の美的感覚は正常だ」

と感心したものだ。


だがそんなこと教会で発言できるはずもなく、教会の子供達(特にクリスチャンホームの子供)には、
キリスト教かそうじゃないかという狭量なことにこだわらず、
ただ、美しいものをたくさん見て触れてくれと祈るだけである。

わしゃ毒麦じゃあ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスチャンの婚活(2.5) 聖☆おにいさんでわかる信仰の立ち位置 [クリスチャンの婚活]


聖☆おにいさん(7) (モーニングKC)

聖☆おにいさん(7) (モーニングKC)

  • 作者: 中村 光
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/10/21
  • メディア: コミック



聖☆おにいさん最新刊がAmazonから届いた。
作者の中村光さんが産休中ということで現在休載中だが、
雑誌でリアルタイムに読んでいる私にとっては待望の新刊である。

「聖☆おにいさん」、我がキリスト業界でも話題になった漫画である。

賛否は様々あるが、私はこれをクリスチャン同士の婚活で、
相手の信仰の立ち位置を図るツールとして有効ではないかと思っている。

「ああ、聖☆おにいさんね、読んだよ。ギャグとして面白いね~。伝道に使えるかも☆」
→割り切り派(おそらく多数派)

「イエス様を冒涜するなんて許さない!多神教許容している世界観に云々…」
→生真面目派・もしくは熱心派

「ちょwwww、ミカエルの中二病パネェwwwwww」
→割り切るどころかお前隠れて2chしてるだろ派

適当に分けてみたが、他にもいろいろ反応はあると思う。(読んでない派は除く)
無論、これらの反応が信仰の篤さ・薄さに比例するわけでもないことは前提に置いておく。

仲の良いクリスチャン夫婦に読ませてみたところ、だいたい割り切り派には割り切り派の伴侶、
熱心派には熱心派の伴侶がついているようだった。






私と私のおっさん…?それは秘密である。

クリック一回一日一毒麦↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

クリスチャンの婚活状況(2)クリスチャンの高齢独身女性はどこへ!? [クリスチャンの婚活]

こう書くと、「クリスチャンのくせに!!」といわれるのは承知が書くが…
30代までにクリスチャンの恋人がいなく、どうしても結婚したい場合、

私はもうノンクリスチャンを視野に入れることをおすすめする。
それか英語を習って外国人にGo!である。


理由はそっちの方が確率が高いし、本当にどうしても結婚したいのにクリスチャン男性がいない場合、
カトリックはともかく現在のプロテスタントでは高齢独身女性の受け皿がないからだ。

教会といえども、罪びとの集まりである。

なんだかんだいって教会はきちんとすさまじいヒエラルキーが存在しており、だいたい

牧師夫人>長老夫人>>既婚女性(子供有り・複数が好ましい)>既婚女性(子供なし)
>>若い独身女性>>(超えられない壁)>>>>>>>>>バツイチ・高齢独身女性


とこの世と一緒で、バツイチ・高齢独身女性はより肩身の狭い場所なのだ。

特に保守的な教会の場合、バツイチ・高齢独身女性はいつまでたっても婦人会にも参加できず、青年会でも追い出され、
既婚クリスチャン女性の影で肩身の狭い思いをしている傾向がある


彼女らは現実社会よりも苛烈なヒエラルキーの中で、
礼拝を聞いて昼食にも参加せず一人で帰る人になるか、
運がよければ同じ高齢独身女性と交わって端っこでお茶ぐらいはできるだろう。
あ、あとテンション高い痛いおばさんという道もある。
どの教会にもいる信仰に熱く、祈りも真剣だけどちっとも報われない逆奇跡な人、アレである。

その点クリスチャンホーム育ちで現実的な女性はちゃっかりしてる。

意外と、クリスチャンホームの女性は、

「あぶれている教会の高齢独身男」

より

「信仰なくても定職ついてまともな独身男性」を選択している。

そしてしれ~っと教会の礼拝に参加し、普通に子供を産んでもしれ~っと皆に歓迎されている。

世の中そんなもんで、結果を出せば過去は水に流してしまうのが我々罪人である。

クリスチャン男性を熱望しすぎて結婚しそびれた姉妹は
だいたいキリスト教圏に留学かなんかして途中からクリスチャンになった人が多い。
悪い意味で熱心すぎるのだ。

日本文化にありがちな「本音」と「建前」、「聖」と「俗」を割り切るのが遅すぎて時期を逃してしまう。
クリスチャンホーム出身の場合、少々変人でお顔の造作がイマイチな電波系。

いいじゃん、ノンクリで。と思うのは悪いことだろうか。

ノンクリスチャンと結婚した女性を「信仰が薄い」と裁きながら
どこかで羨望して屈折し続けるよりも、

どうしても結婚することが人生の目標ならば、
いい相手がいたら、例え相手がノンクリスチャンでも

「私はノンクリスチャンと結婚するのがみこころです」

とさっさと現実的な選択をすればいい。
クリスチャンホームを作りたかったら、試行錯誤をして作ればいい。

「ノンクリスチャンとの結婚は認めない!フンガー!!」と鼻息が荒い教会があるかもしれない。

そういう教会はしきりに「献金をよこせ」とは言うけど
いざというとき、あなたが「助けて」といっても絶対に助けてはくれない。

自分の人生を決めるのは教会でも神学でもなく、自分と神様である。

押して育てよう一日一毒麦↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 


クリスチャンの婚活状況(1)みこころの人の()に何が入るか [クリスチャンの婚活]

どうも、世の中の斜め下、端っ子です。

早速下世話な話題ですが最近気になるので。

私は自他とも認める人間である。
そしてクリスチャンとしては極めてクズの部類に入ると
自覚している。

そんな自分も表面的に誰とでも気さくに話せるので、よく色々なクリスチャンの女性と話をするが、
必ず開始十分もしないうちにこの話題になる。

すなわち、結婚である。

どこの教会でも大体、クリスチャン女性よりクリスチャン男性の方が少なく、多少若い人がいる教会には
妙齢の独身クリスチャン女性がうようよしている。

彼女達に将来の目標は、というと必ずこう言う。

「みこころの人との結婚」

「同じ神様を見上げる人とあったかいクリスチャンホームを作りたい」

「つりあわぬくびき云々・・・」


「社会に貢献したい」とか「夢は○○です」とか高邁な理想を持っている女性より、まあ素直かもしれない。

ヘルシング少佐の演説に呼応するナチス兵かのように異口同音に
「結婚!」「結婚!」「結婚!」である。

先に行ったとおり、クリスチャンは男より女が多い。

なので、

少しばかりイケメンで定職を持っている男性だと、

光の早さで売れる 

というか学生時代に女性クリスチャンに食われる。もうバッタのように女性が食らいつく。

実社会の流れと同じく(こういうと「この世」的価値観持ち込むなといわれるかも知れないが)

クリスチャンの結婚は早いか遅いか両極端に分かれる。

結婚が早いクリスチャン女性の場合



・若い

・綺麗・美人

・女性らしい

・やや大人しげ

・髪が長い

・中流家庭以上の家柄

・貞淑(っぽい)


これらはほぼ100%20代中旬までに結婚する。
今まで相当数クリスチャン女性を見てきたがほぼ例外はなかった。

しかしこれらからあぶれたクリスチャン女性、これが問題である。

神様熱心(つーか聖書熱心)でくそ真面目な女性は以下の記事に反発するだろうが、
まあ私見として暴論を許して欲しい。

上記のあぶれた女性は以上の項目の何かが確実に欠損しており、
30代を過ぎたごろにがたっと結婚率は落ちる。


こっからがさらに悲惨だが、

救いを求めて祈っても「みこころの人」はいつまでたってもほとんど現れない。
文字通り「奇跡」が起こらない限り厳しいのが現状である。

なぜなら、そもそも彼女達がいう「みこころの人」は

「みこころの人(信仰があり定職をもって家庭を支え誠実で煙草ギャンブルしなくてできれば年齢が近くて清潔感な見た目)」

であり、

「みこころの人()」ではない。

同じくクリスチャン男性にとっても、「みこころの人」とは

「みこころの人(若くてかわいい(もしくは美人)で女性らしく家庭的で家柄もよく当然貞淑で…)」であり、

「みこころの人()」ではない。

残念だが、そんな女性の「みこころの人(信仰があり…)」はとっくの昔に、
男性の「みこころの人(綺麗・美人…)」と例外なく20代で結婚している。

ましてや現代の教会。若い男性が極端に少ない。
あぶれている男性というのは、ちょっと実社会的にも人格的にもガチでお勧めできる物件とは言いがたく、

せっかく牧師・牧師夫人がプライドを捨てて、お見合いをセッティングしても、女性側が

「みこころの人ではないようで・・・」

と断ってしまう。

この状態を、キリスト教界の人気ブログの一つ、水谷潔牧師の
「命と性の日記~日々是命、日々是性」では

「女性の高望み」と、喝破しておられる。

いや、ごもっともである。

水谷師はできるだけこの世の視点に理解を示し、この世のクリスチャンに有益ある提言をしている
と思うが、やはり男性の視点と言わざるを得ない。

私から見て(ある程度若い人がいて在籍もそこそこ長い場合)、いつまでもあぶれているという男性は
いくらクリスチャンといえども、やっぱり結婚は避けた方が無難なのだ。
(もちろん、教会に長年適齢期の女性がいないなどの男性は除く。)

場所的にこれだけの買い手市場で一般社会より格段に女性の結婚意識が高いのに、
誰からも選ばれなかったというのは、正直かなりの物件である。

女性の高望みとか云々というより、結婚不適格の可能性が極めて高い。
そんな相手と結婚しても破綻は見えているし、
文字通り「生まれてくる子供のことを考えて!」のような結婚生活では元も子もない。

しかももし結婚生活が破綻したとして、教会が受け入れるか、といったら「否」である。

クリスチャン女性にとって離婚者とは、

罪人でありクリスチャンホームを作り上げなかった落伍者であり、
夫にうまく仕えられなかった信仰の薄い負け組である。


クリスチャンならばそうではない、と答えるだろう。それは正しい。
しかし、教会にしばらくいるとそんなものは「建前」であると大なり小なり気がつくことだろう。それも正しい。
教会は義人の集まりではないのだから。

建前がどうであれ、女性は「否」であることを歴史から本能から知っている。
だからクリスチャン女性は高望みをする。
祈って祈って夢を見る。
そして都合のいい夢を見すぎて肥大化し、次第に客観性を失って「夢」と「信仰」がごっちゃになる。

ならどうすればいい!?というのは次回に続く・・・

押して育つ一日一毒麦↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


自己紹介 [はじめに]

どうも、端っ子です。

いちおークリスチャンです。

簡単に紹介すると、


40代にさしかかったおばちゃん
既婚
子供なし(おっさん(配偶者)と一致済)
でも日曜学校の先生とかやってるよ
表向きは面倒がいいから、クリスチャンの友達一杯いるよ。
ノンクリスチャンの友達も多いよ。
若いクリスチャンの婚活相談とかしてるよ。

クリスチャン嫌いなクリスチャンという誠に凡庸な
一人のおばちゃんの愚痴ブログです。

メンドクサイコメントは基本スルーでごめんなさい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


タグ:初めに
コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

-|2011年10月 |2011年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。