So-net無料ブログ作成

クリスチャンの婚活(6)識者の言うことは聞くな。お前ら金づる。 [クリスチャンの婚活]

BBA、あんまりアクセス数というのに興味がないので見ないが、検索されるフレーズはたまに見る。
その中で多いのがやはり結婚問題である。
クリスチャンの婚活というテーマで、以前もいくつか記事を書いたが、賛否両論
さて、TLをめぐると、なにやら一悶着あった様子。

松ちゃんが語る「クリスチャンと結婚」


事の発端はこうだ。
あるテレビ番組でクリスチャンと仏教徒の夫婦を取り上げたらしく、放映後そのクリスチャンの旦那のブログにたくさんのコメントがよせられ、まあほとんどがごく常識的な「お互いの信仰を大事にしましょう」だったのだが、ある一人の信徒が「非クリスチャンと結婚するのは非聖書的である。悔い改めて」というコメントを寄せ炎上したらしい。そしてその論拠として某サブカルブログの記事を持ちだしたというわけだ。

論拠と思われる記事を抜粋すると、

「愛は宗教の違いを超える」とか美化しておりましたが、「熱心な仏教徒がクリスチャンと結婚するのは仏様のお導きではなく、クリスチャンが熱心な仏教と結婚するのも神様の御心でないに決まっているだろー!」と断罪的に憤慨してしまった私です。(中略)

 「こんなん宗教多元主義体現夫婦じゃん!」と一刀両断の私はキリスト教原理主義者なのでしょうか?やっぱり、ここは広い心とやらで「豊来大治郎兄弟の家庭での証しのために祈りましょう!」とかいうのが、正解なんでしょうかねー?なんか釈然としない気分の私であります。

しかし一転炎上させたコメント主が自分のブログを持ちだしたことを知るやいなや、

どうも、豊来家さんの結婚についての正直な葛藤を記した本ブログの記事を読んだと思われる方が、豊来家さんのブログを炎上させかけたもようです。メコン入ってる疑惑のある方のようで、大変であった様子。
でも、これは他人事ではなく、信仰熱心であるほど、陥りやすい落とし穴。しかも、無自覚になるのでやっかいです。K氏ならではの分析と具体的防止策は、実に有効だなーと感心します。私個人も、身の覚えのあることばかりで、自戒させらえました。とりわけ熱心派クリスチャンにはご一読をお勧めです。
信仰熱心であるほど、陥りやすい落とし穴。しかも、無自覚になるのでやっかいです。


なんつーか、お前が言うなみたいな。
なんなんだろな。この清々しいほどの二枚舌。
この俺のせいじゃねーから!メサコン(何この言葉)入った一個人が勝手に炎上させただけだから!
俺じゃねーし!一応反省するそぶりみせるけど、責めないでね的な自己保身。

このブログ、まともな記事もあるのだが、なぜか結婚の話題になると一事が万事この調子。
前から思っていたが、とにかく日和見主義で無責任。どこの日本政府だよと。

とうとう最近の記事では三十五歳以上のクリスチャン女子が結婚した事例を一度も知らないと書きだした。

あんたその現状を知っててそれでよく、結婚はクリスチャン以外は駄目です調な記事をつらつら今まで書いてきたなー。
男性が圧倒的に少ない教会内において女性信徒にクリスチャンホーム至上幻想を焚きつけて、ノン・クリスチャンとの結婚に罪悪感を与えておいたら、余った女性がどうなるかわかるでしょうに、解決策は(自分は具体的に指示していると自負しているみたいだけど)傍から見たら終始一貫、若いうちが花、神にまかせましょうだけ。

そういう現実があるならなおさら、結婚を考えているならクリスチャンに限らせず、より現実的な選択をというのが優しさだろうに、クリ男子を「誠実」「信仰的で伸びしろがある」とか意味不明の持ち上げをしておきながら、ノンクリ男子を「不倫の可能性がある」とか「信仰から離れてノンクリを選んだ結果暴力を振るわれる」とかわざと極一部の事例を持ちだして二元論に陥れてノンクリ男子をdisる卑怯さ。
よくもまあこんなこと数年間も無責任にブログ書いてあまつさえ書籍にして他人から金とるって正直、人並みの良心があったらできないわー。
名前出してるから大変なんだろうとは察するが、こんなんで金とれるんだったら「超文学フリマ」でどっかの大学の文芸サークルの無名の新人スカウトした方がましとすら考えるのが間違っているだろうか。こんなんに記事書かせるマスコミ各社も大概だ。
いや、BBAの周囲もそういう傾向があった。だからブログ始めた最初から口酸っぱくノン・クリスチャンとの結婚か、外国に行け、それが仕事しろと言ってきた。
しかし、ここにきて神の祈り三十五歳定年説とは。もう神とか祈りとかいらなくね?
つかこれならもうvipにスレ立ててvipperにお伺いを立てた方がまだ建設的なアドバイスを得られるというものだ。

あと、「クリスチャン男子伸びしろ論」とか。
あれ、信じちゃだめです、はっきりいいまして、伸びしろ論なんて嘘!
そんな現実があったら、男性信徒目当てに女性信徒が殺到して、その女性信徒目当てに男性信徒が群がるから「若者の信徒不足」なんて最初から起きてません!
というか聖書を学んで伸びしろ高いはずの男性も結局、

30代後半や40代男性は、30代前半までの女性を希望します。できれば20代の女性を願うものです。つまり、30代表後半の女性は、結婚対象となる同年や年上から望まれないのです。代私自身も、伴侶紹介のお手伝いをさせていただくことがありますが、30代後半のクリスチャン女性のケースで結婚に至った事は一度もありません。

聖書読んでもまったく伸びてねーじゃんそんじょそこらにいるノン・クリスチャンと一緒じゃん。クリ男の優位性0。
それなら最初からノンクリでいいじゃん。自分で自分の論破綻させてどーするよホント。

そもそも聖書に従ったら必ず成長するなんて、あるわけねーだろ。

そんな甘い人生だったらそもそも神に行き着かなかっただろうに。信仰なんだと思ってんの?
BBAはがっちがちの福音派の教会で鍛えられた信徒婦人と話をするが、それすらも昔っから、
「結婚はクリスチャンに限定しなくていいのよ。クリスチャンの男性はちょっと……ね。繊細というか、変な(モゴモゴ)」という有様。
長年女性として教会に仕えて色々見てきただろう婦人達の嘆息を見てきただけに、ありがちな「クリスチャン男子伸びしろ論」なとどいうのは
いかにもたきつけて「利益を享受したい側」の言説だなーと。実際婚活関係者とか牧師(それも福音派に限る)しかこんな浅はかなこと言ってないしね。

つかね、他人事みたいにいうけど、今のクリスチャンの結婚難と信徒不足の問題って、俺ら世代のBBAとじじいのせいですよはっきりいって。
若者のせいでも時代のせいでもましてや「サタン」のせいでもないです。
今ブログや教会でえらそーにのたまっている世代なんか正直この高度経済成長期に運良く時流にのって、
たまたま貧乏人でも長男以下でも結婚できた一時期に生をうけただけだからね。
そして運に乗じてすっかり知的研鑽を忘れた「BBA」共の無知蒙昧無為無策で大衆にそっぽ向かれたのが今の教会の現実。

そしてBBAも、「少し頭を使えばわかるのに、こんな言説に引っかかって」とぼーっと金と時間を費やしてる方も馬鹿だと思ってたんですが、ごめん間違ってた。
上の人間がこれだけ馬鹿で聖書やアホキリスト教出版社の読み物しか与えなかったら馬鹿で仕方ないですわ。

熱心党&KGKとかhi-baとか入って時間を無駄にしている若者諸君。お前らさあ、もう分かれよ。
聖書信仰だからと言ってこんなころころ意見のかわるおじさんの言うこと信じちゃだめだよー。
極一部の奇跡的な事例を持ちだされて目を輝かせて、神に祈ってればいつか叶えてくれると純粋に信じちゃってBBAに夢物語聞かせてくれるけど、なぜかその祈りは三十五歳を過ぎたら聞かれなくらしいから、ごめんねごめんねー。


コメント(23) 
共通テーマ:恋愛・結婚

コメント 23

おばちゃん

はじめまして。いつも面白く拝読しております。

私は若いころ、非常に固い福音派の教会に通っておりました。
酒。煙草はもちろん映画もダンスもいけない、というような厳しい教会でした。
しかし、よくあるような婦人会だけで成り立っているような教会ではなく、年代も様々、男子もけっこう多い教会でした。(礼拝出席者数170名前後)
青年会は六十名ほどいたように思います。半分は男子という恵まれた?教会。
にもかかわらず、ノンクリと結婚して、教会を去っていく(ノンクリと結婚したものは密かに教会を出なければならない)男女がけっこう多かったです。
 それは、牧師が教団の掟はそうでも実際上はノンクリと結婚してもいいという方針だったからでした。(ただ教会を去らなければならなかったですけど)
青年会は男女半々であっても、女性クリスチャンの方が学生の多い男性より年代が高くて、教会内で相手を探すのは難しい現状だったからです。
 二枚舌を使わない、とても信仰的に深い牧師でした。
ちなみに私はノンクリ男性に恋をして、結婚して二十年以上経ち、今ではすっかり信仰を失ってしまったので、信仰を全うしたい人は、やはりクリスチャン同士が望ましいのではと思います。でも結婚前にその牧師に夫を紹介したら、良い人が見つかりましたねと喜んでくれました。
by おばちゃん (2013-06-10 17:30) 

アリョーシャ

すごく嬉しいです。涙でそう。
あの一連の結婚に関する記事に反論してくださり、本当にありがとう。

なんでクリスチャン女子にばかり非婚の理由を求めて追い詰めるのかなーと苦しかったので。

by アリョーシャ (2013-06-11 12:42) 

atsuko

男性が少ないキリスト教界を熟知しながら、30後半はやばいぞと言い
初産のリミットにさらされる女性の多さを知ってか知らずか、
婚前交渉、婚外出産のシングルマザーの大絶賛。

http://blog.kiyoshimizutani.com/?eid=3558

それならクリスチャン女性も「女性として造られた!」と
シングルマザーという選択もありなのか!?と思います。
by atsuko (2013-07-06 00:56) 

イースタン・ブルー

そのブログ主の、教会内の結婚が進むようにという方向の記事を書く時の姿勢と、プロライフの立場の記事を書く時の姿勢を区別できない読者さんがおられるのだなと思いました。

伸びしろについては、自分の見てきた教会内にはらしい男性達はいましたね。もっとも、当人や周りが気付けなければそれは居ないのと同じですけれど。それに気づけっていう記事はそれなりに有効なのではないかと思います。実際、青年会に男目当てで他教会から移ってきて、それなりにいい人が居る中で「だって、誰もいい人がいないんだもん。」とのたまって顰蹙を買った女性を見たことがありますので。

あのブログは、男はバカで卑怯だって言い放っていますから、女子にばかり非婚の理由を求めて追いつめているということは無いと思います。

某教団の出会いの集会みたいなのに、奏楽の奉仕を請われて出かけたことが有りましたが、お世話約の高齢の女性の奨励の言葉が話にならなくて唖然としたことが有りました。知的研鑽を忘れた我々世代の無知蒙昧無為無策で大衆にそっぽを向かれたのが教会の現実というご指摘には同意しますが、その前の世代にもそういう自覚を持って欲しいと思っています。特に、信仰という名の虐待を受けたなと思っている私としましては、アメリカ的ピューリタニズムと聖書信仰を混同していた迷惑な当時のリーダーに猛省を促したいと思ったりします。
by イースタン・ブルー (2013-07-13 02:35) 

FUKUIN

良くぞいってkれました。最高です。結局クリスチャンの女性と結婚でしくたけど、日本キリスト教団の教会へいくことになりました。
息子はHiBAに行ってますけど。
by FUKUIN (2013-07-17 02:03) 

ななし

男のクリスチャンを増やせば解決じゃない?
by ななし (2013-07-18 19:43) 

774

初めてコメントします。

福音派の教会に通って5年。
ぶっちゃけ、クリスチャン女子には興味ありません。

男女の間に神様って入れるの?って感じです。
神様って、男でも女でもないんでしょ?

だったら、口を挟まないでって感じです。

by 774 (2013-10-25 20:42) 

nanboyanen

. 題:『皆様を幸せにしたいという心』が、本当に、存在しているのだろうか?
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 キリスト教は、ユダヤ教の『正典』を・・頂戴した。
 古代の話である。
 ユダヤ教から破門されたので、『聖典』としてスタートせざるを得ないという事情もあった。
 そして、旧約だという位置付けにするわけだが、つまり、正典ではないと言った。
 『古い聖典』であるとした。
 当然、ユダヤ教は怒っている。
 貴方だって、同じことをされたら、怒ると思います。
 つまり、貴方の信じていることを、「古いんだよ」と言われたら・・。
 「それは古い・・今はそんな考えではないよ」と言われたら。
 キリスト教には、キリスト教の理由、破門されたから、そうやって行かなければならない事情があったのだろうが、
 破門されたくなかったところを、破門されたので、そうした。そして、ユダヤ教の方々が信じていて「正典」としているものを、古い契約だ、もう古いのだと、旧約だとして・・破門の憂(う)さを晴らしたという図となっている。
 そして、その旧約に対して、通用するのは新約だ、「新約がある」とした。
 そして、イエスの刑死の時に、新たに神と契約をしたのだとした。
 そして、その「新約聖書」には、イエスが神へ・・
 「なぜ、私をお見捨てになったのですか?」・・と叫んでいる。
 その事が・・記されている。
 イエスが、『神から見捨てられたと思っている時』にである。
 まったく、契約という状況の必然性が薄い状況にである。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
by nanboyanen (2014-05-20 01:55) 

果ての向こう側

御利益などあてにせんそんな神は信用出来ん 俺は牧師に繕わん面倒だから礼拝行かないってと来る 道楽しますから出来ませんという 聖書が胡散臭くなってきたともいう 金は有るが献金ケチりますともいう 口八丁 手八丁の仕事してきた営業はリズム、テンポ、核心は偽るべからず ヤケクソで洗礼受けた お袋を酒で親不孝して殺した墓前で断酒誓う10年守っておる 俺が聖書で視たものそこまでして神と言う念を畏れ愛した事実 空想でもデタラメでも良い 盾とほこもつじつま合わせも可 人は見たいもんしか見ない性も観た無所属の神の救い当てにはせぬ試みるなとあるからね 自然科学も考察した 口論も疲れた護りたいのさ信じてるものをね でも己の本音は偽れん 教議あちらを立てればコチラが立たず だから無所属の神を今は頭の片隅に置いている 故に内から来る善の声に従う 宇宙の背後に至高者は存在する故 意に反し強制力はあるからさ
by 果ての向こう側 (2014-07-20 08:18) 

Hikki

クリスチャン既婚女子です。クリスチャンののびしろなんて本当嘘ですよね。
自分が選んだ責任と思って耐えてます。こんなこと思われる相手も不幸です。
出会いの場であったKGKにはもう関わりたくない。
後悔して自分に苛立つとき、端っ子さんのブログでスカッとしてます。
by Hikki (2014-09-10 22:32) 

K美

して。

私もあのブログの結婚しない若い人達に関する記事は、
違和感を感じてしまいます。

結婚をしない女性に理解があるつもりでも、根底は違うんだろうなと。
そういう点は、母ちゃん達は鋭く見抜いてしまうんじゃないかと…。

素直で優しい独身女性は、傷ついてそうです。



by K美 (2014-09-30 01:26) 

未央

私は福音派じゃないけど、むしろ、クリスチャン男性っていい年して肥大した自己愛を修正できない幼稚な人が多いですよね。
こっちは保母さんじゃねえよ!
適齢期の人もそうだけど、そこまま歳をとった高齢厨二病患者が横暴やってるの見ると、のびしろなんて絶対嘘だと思う。
変な選民意識に染まらなければ、逆にまだマトモだったんじゃないかって思うくらい。
「クリスチャンマジック」で内部で何割か増しに見えてしまうから、クリスチャン男性と結婚したければ、そこも気を付けた方が良い。
下手したら厨二病の夫と厨二病の舅と、上品ぶってるけど内実下世話な姑に囲まれるという地獄の後半人生が待ってます。
by 未央 (2015-01-10 08:06) 

mio

私の夫校長で幸せです。
by mio (2015-01-24 01:04) 

スナフキン

婚活ですか・・・
男はちょっと興味がある女性ならすぐに抱きたいと思うし、セックスしたいと思う生き物です。キリストの教えによると結婚しないとセックスできないので我慢しないといけませんね orz
by スナフキン (2015-02-23 18:11) 

えりえり

はじめまして。いやービックリしました
うちの教会の話かと・・・どこも結婚事情は同じなんですね。

うちの教会では、余った姉妹は主に外からノンクリスチャンの男性をゲットしてきて
教会に連れてくる、という方法をとるようになっています。
ただ、これだと結婚後は教会から離れてしまうことが多いのですが
とにかく結婚するために手段を選んでいる場合ではないと思います。

私は二世の女なのですが
「親が顔が広いから結婚できたんでしょう。羨ましい」とか言われることもあって
いや、悪いけど自分でターゲット決めて全力で狙ったから!ともいえず
「神様のお導きです^^」みたいな顔してます

二世の女はセックスを武器に使えないので、セックスしたければ結婚するしかないのです。
子どもの頃から「結婚するまで処女」と躾けられてるので、好きな男の人とちょっと
いい感じになってもセックスできず、いずれフラれてしまうのです。
「羨ましい」と言ってる人は、外でそれなりに遊んでから教会に来てるんですよね・・・
二世には二世の苦労があるんだけど、そんなぶっちゃけた話は教会ではできません。
こちらではすごく赤裸々に書かれていて、スッキリしました。
by えりえり (2015-04-09 00:26) 

えりえり

ただ、2世同士の結婚だと 親同士が色々と厄介です・・・
物凄く狭い世界で男女が、ひいては家と家がくっつくワケですから
なかなか子どもが出来ないのは、えりさんのせいよ!セックスしてないんでしょうとか
祈り会でいつのまにかセックスレスの噂を流されたりもしました

既婚女性の祈り会というのは、出てみて分かったのですが
なかなか下世話なもので、下ネタてんこもりだったりします
自分と夫のセックスレスについて延々と語る人もいます
「こういう状況で、こうやって拒否したら、それから誘ってこなくなって、ある日女が」みたいな。
うちは息子ばかりなのですが、あんまり教会の女性と結婚して欲しいとは思いません。
(ものすごく気が早い話ですが)
by えりえり (2015-04-09 00:38) 

もみやん

私も私のまわりのアラフォークリスチャンも沢山結婚しているので、キリスト者でないとこの高確率は生まれないと思っていたのですが、35歳以上の結婚事例をしらないというのには、びっくりしました。

うちの近くにできた新しい産婦人科 「35歳以上はリスクになるので、出産は受付られない」という富裕層ターゲット高級産婦人科みたいなこという のびた男性諸氏にびっくりです。

のびしろって 「結婚に不適切人物だけれども、神がよしとしてくださっているのだから結婚の祝福にあずかりたい。人さまを偉そうに選ぶことができない立場だけど、相手を探させてほしい。」という思いが、のびしろの片鱗だと勝手に思っていましたが、全然ちがっていたんですね。

ごめんなさい。お呼びでなかった高級産婦人科と同じこと言っている、のびたくんの、のびしろってどういうものなのか 勝手に解釈してしまわないようにまじめに知りたいところです。

私が結婚でき、子供まで授かって曲がりなりにも家庭を築くことができたのは、教会のおかげだと思っています。
でもやっぱり教会って、高級人格者志向なんだなと思ってがっくりきます。

なんとか頑張ろうとしてみたところで、モゴモゴな人物は教会の期待する高級人格者にはなれず、破たんします。

身の丈にあった地道な歩みをするには、教会を離れないと私なぞはやっていけませんでした。

でもみんなそもそも悪いところ治していけている人なんて、高級志向の人もできてやしないのじゃないですか。

たまたま恵まれていてある程度できた人格者の方々に支えられて成り立ってきた中流教会は、世の中と一緒でこれからは自然淘汰されてくことに、あがいてもなっていかざるえないと冷たいですが思います。
というか箱モノ教会は高級産婦人科戦略の教会のみになっていくのが、必然だし無駄に間違えた選択しなくて、助かります。

豊来家さん、以前読ませていただきましたけど、その時の素直な感想。
奥さん愛されてるなぁ うらやましいとおもいました。
敬意をもって愛されるには、やっぱりその人に良いとこ伸ばす努力が必要なんだと思いました。
素直にそう思えないって、そりゃやっぱり頭かたいのとちがいますか?




by もみやん (2015-05-15 13:10) 

もみやん

間違え修正です。

最後のところ

-敬意をもって愛されるには、やっぱりその人に良いとこ伸ばす努力が必要なんだと思いました―

のところを修正です。

-敬意をもって愛されるには、やっぱりその人の良いとこ伸ばす努力が必要なんだと思いました。―

「その人に」を「その人の」に修正したかったのですが、やり方がわからないのでここでさせてください。
長々とコメントすみませんでした。



by もみやん (2015-05-15 13:35) 

通りすがり

結婚の問題ってこんなに人を駄目にするんですね(笑)
by 通りすがり (2015-06-01 23:07) 

tomoo

クリスチャンホーム育ちの2世男性です。
早く可愛い処女嫁と結婚したいな。

天にまします、我等の父よ。
願わくば処女を与え賜え。
出会いを来たらせ賜え。
若くて可愛くて性格が良く霊的にも美しい処女嫁を
今日こそ与え賜え。
我らが自慰を犯す者を我らが赦す如く、我らの自慰をも
赦し賜え。
童貞を試みに合わせず悪より救いい出し賜え。
性と純潔と結婚とは限りなく汝のものなればなり。
アーメン。
by tomoo (2016-04-27 12:23) 

下川ブスミ

下川明美というクリスチャンの結婚詐欺師にだまされました!このほど出版物出したらしいのですが、個人情報漏らしまくり男性会員を自分のコンプレックスの掃き溜めにし拷問しています。顧問弁護士もついており、クリスチャン女性は、すべて下川明美の配下のクリスチャンです[げっそり]こんな糞みたいな奴がどうどうとしてるのだから、呆れます!
by 下川ブスミ (2016-05-06 06:24) 

ぴーちゃん

そのとおり。
by ぴーちゃん (2017-04-16 21:23) 

T.Y

昔々牧師になるための学校まで行って、それでもなおかつ、キリスト教を捨てた元クリスチャンでも聖餐式には同道と参加できる不思議な立場から言わせれば、本当に本当にキリスト教の教会というのは人間をスポイルする組織ですねえ。あああ・・・もう何も言うことはありません。何か言えば必ずキリスト教を信仰している自分は正しいとの反論反論反論が帰ってきますからええ。
by T.Y (2017-06-11 09:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。