So-net無料ブログ作成

クリスチャンと非嫡出子(3) 非嫡出子の存在は許すけど自分の息子(娘)とは結婚しないでね^^ [クリスチャン業界の下世話な話]

たぶん、現在においてキリスト教もしくはクリスチャンが何か物を申しても「あっちの人」(香山リカ)扱いされで影響力を失っているのは、

私生児→養子→きれい(ワーパチパチ)
同性愛→偽装結婚→きれい(ワーパチパチ)


真ん中の紙切れで問題をうやむやにする姿勢のまま、愛や命の概念をドヤ顔で押し付けることに無頓着すぎる点にあるのではないか。
はっきりいって言行不一致でうさんくさい。
偽装結婚にしろ養子にしろ大事なのは「紙切れ一枚」のくせして安全な所から最低限の権利すら保障しない理想論を押し付けられてもはあ?と首を傾げざるを得ないのだ。
その反面、君が代反対だとか同性愛反対だとかの運動がちょっとでも規制されたらギャーギャー「信教の自由の侵害」とかまさに失笑ものである。

私が君が代が歌う歌わないで「自分が選んだ」公務員であるのに一喜一憂しているクリスチャンにあまりにも「ピントがはずれている」といったのは、当事者意識、つまりその状況に置かれた他人の立場に考えるといういっぱしの大人ならば身に着けてしかるべき感受性(罪の概念)がノンクリスチャンよりかけ離れていて「浮世離れ」しすぎていると案じたからだ。

弾けないから歌えないからといって、職務すら全うできない君が代クリスチャンは、その立場を得ることができるなら君が代1000回歌っても公務員になりたい無数の若者の心境にキリスト者として何ができるかもう少し議論する必要があるのではないか。
つか戦前のクリスチャンを見習ってというけど、内村の鑑ちゃんなんか不敬事件の際言い訳一つせずに速やかに公立学校の教職を辞したんですけどね。
なに都合のいい所だけ取り出して反骨精神きどってるの?バカなの死ぬの?

 

 

ここからは暗い話

なぜ、こんなことを怒りにまかせて呟いたかと思うと、随分昔に一人いたからである。当事者の子供が。
彼(彼女)はどうも「私生児」としてのイエス・キリストに惹かれたようだった(神の子だけどね)
苦学生でなかなか優秀で外見もよかった。しかしどこかに影があり、苦労してきたのだなと思った。
ふるまいは個性的だったがなんとか回りにあわせようと必死なように見えた。そうでなくても、彼(彼女)の性質は好ましいものであったけれども。
その後私は引越しのため、その教会を離れた。彼(彼女)のその後は知人を通して知ることになった。

両親共にクリスチャンホーム出身の男(女)と結婚の約束をしたらしいが、
「そんな出自(血)の男(女)の汚い人間に子供はやれない」とクリスチャンの両親が反対してダメになった、とのこと。
そんな相手を選んだ彼(彼女)も悪いが、本人目の前に随分露骨にいったそうで親も親である。
また何よりもむかついたのがこのクリスチャンの親が「中絶反対・恵まれない子供のための運動」とやらでちょっとは名の知れた人間だったからだ。

彼(彼女)はもういない。

教会から去ったのではなく死んだのでもなく、しばらくして「人間」をやめてしまった。

これはフェイクでもあり実話でもある。
性別を含め詳しく書けないのは、おっさんが彼(彼女)とその周辺とわずかながらまだ関わりがあるからだ。
父親から捨てられ、地域で愛されることもなく、世間からは社会を恨むな生かせてやるだけありがたいと思え。日向に出るな。
恨むなら親を恨め罪の子と言われ続け、やっと主イエスを自分の代弁者として受け入れたのに、
救いの場として選んだ主の交わりが完全にとどめを指した。
人は 自らが受け入れた制度から零れ落ちる人間にだけ実にきちんと「罪」に定めるものだ。

クリスチャンはよく自分のことを「罪人」というが、自分に対し「罪」があると本当に自覚できる人間はいない。
イエスキリストの身代わりの死なんて実感できない。他人の命は「羽毛より軽い」。

光があれば影もある。
私は養子制度は賛成だが、中絶には反対しない。できない。

おっさんもクリスチャンだけど教会にはいかない。まだ祈れない。
私達夫婦は子供ができなかったが、養子はとらない。


キリスト者が散々迫害してきた非嫡出子、同性愛者に聖書的な結婚制度は崩壊させられ、今度はクリスチャンが追い詰められる。
現に、ヨーロッパでは結婚制度は有名無実化し、キリスト教に対する圧力は強まってきている。
迫害してきたものは迫害される。主は誠に平等である。


コメント(8) 

コメント 8

ceci

なるほど。
そういうことでしたか。

そういう親って、どこにでもいると思います。
クリスチャンであろうとなかろうと、関係なく。
表向きは理想論を言うけど、自分の子どもの結婚になったら・・・という人。

うちの子も、将来差別を受けないとは限らないし、そうなったときには、親である私たちが生きていたら、できる限りのフォローはしてあげたいです。
でも、年齢的に生きていない可能性も高いから、今から打たれ強い子になれるよう、いろいろ考えてはいます。

「やっぱりこの子は養子だから・・」
と言われないよう、ヨソ様よりも厳しくしつけることになってしまっているかも知れません。

でも、端っ子さん。
ちょっと気になったのですが、養子に暗いイメージを持ちすぎなのではないですか?

私たち、もし子どもに対して「かわいそう」という気持ちが少しでもあったら、引き取らなかったです。
うまく言えませんが・・。
by ceci (2012-01-14 17:15) 

TOKO

>クリスチャンはよく自分のことを「罪人」というが、自分に対し「罪」があると本当に自覚できる人間はいない。
・・この言葉、胸に刺さりました。そうかもしれません。

私の親しい人で、クリスチャンではないですが、過去に中絶をした
経験のある人がいます。私は彼女からその話を聞いたとき、全然
彼女を責める気持ちがありませんでした。。ただ、悲しいなぁ、と。
今、彼女は幸せな結婚をして、何回か流産をしましたが、息子さんを
得ています。
過去の話を知ってるからこそ、余計にそれが嬉しかったです。

私はキレイごとの定番みたいな言葉が嫌いです。
実が伴っていないと(愛がないと)それは簡単にはがれる
メッキみたいなもんです。

一方で、私はやっぱり結婚制度や子供を持つことに関しては
そこに神様の介在があるから・・・という考えもあるのです。

私の通う教会には、養子や里子として育てられている子供たちが
何人もいます。それぞれの育ての親達には、本当に頭が
下がる思いでいます。また、彼らが決して自己評価が低くならないよう、
周りも最大のサポートをしていると思います。


by TOKO (2012-01-22 23:02) 

元モルモン

大いに共感しました。当方のgooブログのブックマークに登録させて頂きたくお願い申し上げます。

by 元モルモン (2012-02-11 12:59) 

えん

わたしは未婚で40過ぎのばばあです。
シングルマザー、何度か中絶しております。。死のうともしましたが、
人間やめようと思いました。私が行ってた教会でも似たようなことがありました。養子や、非嫡子への支援がないのかな?
by えん (2013-01-10 18:27) 

BBA2

あっはっは。
似て非なる話ですが、離婚でぼろぼろになったクリスチャン女性が教会で再婚して子をもちたい、と言ったところ「紹介は出来ない。離婚された女を娶ってはならない(元夫が生きてる限り元夫に繋がっている)と聖書にある」など返され号泣した話を思い出しました。

彼女の希望は再婚し、子供を産めないから養子をもらいたいことだったらしいんですけどね。愛がないですね、教会。

タブーを犯したら排除!なんて教会、誰が喜んで集うんだろう。
平気で不妊の女とか言うし、私生児?は? ・・・という冷めた空気。

・・・時々頭がおかしくなりそうになるw
魂は平等なんだよ!

by BBA2 (2013-12-17 12:12) 

マリック

結局、教会って「浮世離れ」「理想世界」「空想・仮想世界」を地で行ってる感じがしますね!

我々は現実世界に生きてるんだよ!だから教会なんて「宗教」の一つに過ぎない。

やってる事はママゴトだと、男の私から思う事。

「律法」のためなら(あれ?キリスト教って新約聖書のイエス様を信じてるんでなかったっけ?)規則に合わない者は排除・排斥ですか・・・。

傷ついた人を受け入れて、愛し、一生懸命に立ち直らせるのが教会でないの?

牧師がやりたい事をやるのが教会でないわ!信徒訓練・弟子訓練・・・・やめなよ!

イエス様は、どんな人も分け隔てせず、かえって世の中の嫌われた人達を、積極的に受け入れ、愛し、食事をされたのでなかったかなァ。

教会っていつの間にか、イエス様が頭でなくて、追い出して、人間が人間のための都合よく作り出された教えを、都合よく利用して、都合よくその度に紐解いて説き伏せているだけだ、と思うのは、果たして私だけでしょうか?

by マリック (2013-12-18 23:58) 

プロテスタントからカトリックに

福音派にうんざりしてカトリックに行ったものです。
カトリックは自分の罪を吟味するようにするので、謙虚な人が多いですが、プロテスタントの福音派は自分の罪は赦されたと傲慢極まりない人が多く、そのくせ自分の罪は一切見ないで人の罪をあら探しする。最悪でした。
牧師はただ遊んで暮らしているようにしか見えないし、伝道など細かい仕事は全部信徒任せ。一人一人のことなんて把握もしない。

カトリックきてやっと平安を得ました。

プロテスタント最悪。
十分の一献金、伝道奉仕、何もしてもらえないのに要求ばかりする教会。
全て良きものは神からくるけど、教会からは何もない。
ただ捧げて、ただ使われて、忠告だけはしっかりする教会。

カトリックは罪の告白を聞いてもらって慰めや励ましをもらえるし、病者の塗油など励ましもたくさんある。基本、自分の罪を反省している人たちなので、人を責めない。神父は結婚もせず、清貧で人生捧げてるから、助けてあげたくなる。

2度とプロテスタントには戻らないです。




by プロテスタントからカトリックに (2016-12-01 21:13) 

マリック

プロテスタントからカトリックにさん

良かったですね!!^^

by マリック (2016-12-31 19:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。