So-net無料ブログ作成
検索選択

滅びろ絶えろJ-POP風ゴスペル&ワーシップソング [クリスチャン業界の下世話な話]

なんでクリスマスやらコミケでクソ忙しいから更新しないといったそばから更新するのかといったら、腹が立ったからである。

年末恒例のアレを押し付けられたために・・・

今年もチャリティーと称して素人崩れのワーシップソングのCDを売りつけられる時期がやってきた。
しかも今年は東日本大震災のチャリティー扱いなのでタチが悪い。
なんとなくおばちゃんのキャラクターから察して頂ければわかると思うが、私は、このJ-POP崩れのゴスペル&ワーシップソングが心の底から大嫌いである。絶滅しろとすら思っている。
なので悪見本としては嫌がらせついでにこっそり紹介するかもしれない。が、気の毒すぎるので検討中である。(本当は晒して悪ざまにけなしたいが)。
少しは本読どるんかいといった陳腐な歌詞、単純なコード、聴衆のことを考えないパフォーマンス、どれをとっても三流以下

聖書は神様のラブレターというが、神様「かーらーのー」ラブレターだからこそ聖書は価値があるのであって、一介の凡人がロクに推敲もせんと信仰という名を隠れ蓑とした神様「への」ラブレターなんぞ見たくも聞きたくもない。
またU2のように、一旦自分を突き放して神に問いかける内容の真摯さがあればいいが(私は色々あれU2は世界的ロックバンドと認めている)「主の愛してます~」「私を愛してくれてありがとう」の往復書簡的てめーの感情垂れ流しの歌詞などチラシの裏に書いてろである。
このレベルで「世界に一つだけの花」「Imagine」「この世敵」とするのは、ゾーマにこんぼうで対抗するようなもんである。
ダビデはゴリアテに勝ったが、詩篇を見ればわかるように彼は天才的な詩人でもある。であるから石でも勝てる。
グレコリオ聖歌からルターを経た賛美歌の歴史とその歌詞を辞書引きながら、日本語ポップスにするのならば、あんたら嫌いな槙原敬之、中島みゆきを筆頭に、有名どころでいいから、フリッパーズギター、小沢健二、バンプ、16g、相対性理論、ラッドあたりの歌詞を紐解いて一から勉強しなおせといいたい。それがムリならゆずとかHYとか初音ミクの有名Pでいいから。(特に小沢健二の歌詞は優れていると思う)
あと、基本的なバロック音楽とFF~ドラクエ、MOTHER、クロノトリガー、聖剣伝説、アトラスとか有名ゲームの音楽を聴こう。いや聞いて頼むから。
RPGは中世をモチーフとしているのでキリスト教音楽と親和性がある。
MOHTERの「星歌」とかうちの大BBAが「賛美歌」と間違うぐらいすごい。

誰も書かないからはっきりいうけど、耳が腐る場が崩れる。昨今のフォーク崩れ、ロック崩れ歌付バンドの賛美。
保守的な年寄り連中がワーシップによる賛美にまゆをしかめるのは単に頭が古臭いだけじゃなくて(それもあるけど)、単に長時間聴くのに、心を静めるのに役にたたないからだ。
んで若者のワーシップグループが年寄りだらけの聴衆で若者にしか喜ばれない歌ばかり歌うんじゃなく、年寄りが聞いてきて今は教会では流れない文語調の古き良き賛美歌を聴きやすい感じにアレンジするぐらいの敬意と気遣いはないんですかね。
事前にアンケートとるとか、実際に年寄りに聞くとか、下調べの方法はいくらでもあるだろう。
正直いって昔の賛美歌の方がレベル高いから若い人でも聞きやすいのだ。
死にかけのじじいばばあの天国への土産として信仰に燃えていた若き日の賛美歌思い出させてもバチはあたらないと思う。
ついでに熱意ある若者ほど最新の○○を賛美にとりいれようとするが、その前に過去の素晴らしい楽曲を掘り起こしてから考えよう。
大概、新しい音楽の開拓は天才の仕事。凡人にはムリ。グレングールドですらバッハである。
過去の遺産を取り入れてアレンジして感性を磨いて行った方が早い。
あんたら大嫌い美輪さんの「ヨイトマケの歌」をサザンの桑田や槙原が米良が敬意を持って歌いなおしたように。

賛美は心がこもったらいい、神様が喜んでくださったなら、それが一番という。
だったら、教会でいやらしく金取らないでトイレで鼻歌でも歌ってるかただで内輪で配るかyoutubeにでも放り込めばいい。
再生回数を見てどれだけ自分の歌が必要とされてないかはっきりわかるだろう。
正直聴く方としては心こもっとらんでいいから、せめて技術と知性と感性だけはと思う。

まあ、クリスチャンだけではなくノンクリスチャンの世界でも同じことで、アンチキリストで有名な
イギリスの大物ミュージシャン、ポールウェラーさんも、昨今の歌詞に
「全てボーイフレンドと別れたってことばかりじゃないか。いい加減にしろ!世界で何が起きてるか見てみろ。神について書け。愛や死について書け。戦争や人々のことを書け」
とお怒りのようなので、世界的傾向と呼べるのかもしれない。

クリスチャン的に言えば、
「全ててめーと神様とのデートの報告ばかりじゃないか」という所か。ちまたの西野カナさんとかのこと笑えないよねー。


コメント(35) 

コメント 35

1クリ

よくぞ書いてくれました!
私は「ゴスペル」をやらなくなったのも似たような理由ですから。

「一介の凡人がロクに推敲もせんと信仰という名を隠れ蓑とした神様「への」ラブレター」というのはまったくそうで、1人で「デボーション」なるもので歌っていればいいのであって、それを人前で演奏するのも発表会ならまだしも、お金取ってコンサートしたりさらにはCD作って有料で売るのは聴き手に失礼千万だと思っています。

けど問題はそのことに本人が気がついていないことでしょうか。
よく教会で聴く「賛美は心がこもったらいい、神様が喜んでくださったなら、それが一番」とか「伝道に役立てる」とかいう大義名分を言ってきますし、でも音楽をきちんと聞く人であればそんなの聴くに堪えないということを判断できる耳もないようなことに何度も遭遇してきました。

井の中の蛙、という現状なんだと思います。
by 1クリ (2011-12-05 00:47) 

デンスケ

あるとき、賛美チームに急遽入ってくれっていわれて、歌詞を見たら「栄光ささげます」ってあったから、「わしは神様に栄光をささげるなんて、だいそれたことなんかでけへん、こんな歌うたえるかい!!!」といったら、歌詞を変えてきた。( ^o^)
by デンスケ (2011-12-05 09:47) 

シロヤマ

 私はワーシップソング、生理的に受け付けることが出来ません。歳のせいかなと思っていましたが、端っ子さんの記事で気づきました。単純な同じフレーズをこれでもか、これでもかとしつこく長時間聞かされる苦痛に耐えられないのです。心が静まらないどころかいらいらしてくるんです。あのような歌を最後まで聞き遂げることは私にとって苦行でしかありませんでした。
by シロヤマ (2011-12-05 16:14) 

mami

アハハハ!
私もワーシップソングなるものが、大嫌いなんですが、一生懸命な人には気の毒で言えないのです。
でも、ほんと、ヘタクソな歌を聞かされる方も、気の毒ですよ!
「巧みに琴をかき鳴らせ。」と詩篇にもあるとおり、人を感動させるほど「巧みに」歌って欲しいものです。人前では。
by mami (2011-12-05 21:49) 

ceci

本気で「滅びてほしい」「絶えてほしい」とお思いなら、ここで書いてるよりも、売りつけてきた人にそうおっしゃって買わなきゃいいのではないですか?

ここで文句垂れてるということは、買ったということですよね?

被災地支援のために買っただけなら、嫌いなものは聞かなきゃよいのです。
音楽の好みは人それぞれですから。

教会でやられるのが嫌なら、教会を替わるなり、牧師や役員会に訴えるなり、ご自分が奏楽奉仕に立候補されるなり、動かれたほうが早いのではないですか?

他の記事のコメントで「あなたもぬるい」というご意見を拝見しましたが、私も同感です。
どんな方だか、知りたくて読んでましたが、リンク先まで貼ってるヒマがおありなら、状況を変えるためにやれることをリアルで見つけられたらいかがですか?

ちなみに、私は教会の外で音楽やってる者ですが、「心がこもっていたら良い派」です。

ただし、本当に心がこもった演奏や賛美は、それなりの努力なしにはありえません。
by ceci (2011-12-06 08:46) 

十分の一・創造論は問題です

ceciさんへ

「ここで書いてるよりも、売りつけてきた人にそうおっしゃって買わなきゃいいのではないですか?」
「状況を変えるためにやれることをリアルで見つけられたらいかがですか?」

別のコメントにも書きましたが、どうしてある種の教会のメンバーは、教会のいろいろな問題点をオープンに取り上げられるのを嫌がるのでしょうか?。

「吉祥寺の森」というブログでも、「福音派信徒らしい人」(推測です)が、そういうコメントを時々残しますが、結局、「自分たちには問題がない」と思い込みたいのでしょうか?。

問題教会が、不祥事をあたかもなかったかのように隠すのと共通した心性を感じます。

閉鎖的で独善的であることを自ら物語ってしまっているのです。

それが「痛いコメント」であることに気付いていないとしたら、病巣は深いと思います。

ルターが城門に「95か条の論題」を貼り付けて、公開討論を呼びかけた「プロテスタント精神」を忘れたくないものです。








by 十分の一・創造論は問題です (2011-12-06 11:11) 

ceci

十分の一・創造論は問題です様へ

別に公に書かないでほしい、オープンにしないでほしいと言ってるわけではありませんよ。
直接当人に言ったほうが早いのでは?と言ってるだけです。

本気で状況を変えたければ・・の話ですが。

それから、ここは端っ子さんのブログですから、もしこれ以上おっしゃりたいことがおありでしたら、私のブログのほうにお越しくださいませ。
by ceci (2011-12-06 16:19) 

いち信徒

ceciさんへ

端っ子さんは、思っては見てもなかなか口には出来ないことを言うため、また同じく感じている人たちを代弁するためにあえて「暴論を吐いてみる」と題して、書いておられると思います。

>ここで書いてるよりも、売りつけてきた人にそうおっしゃって買わなきゃいいのではないですか?

そうおっしゃるのなら、あなたもこのブログを読まずにいればいいんじゃないですか?まして、コメントなんか書かなきゃいいじゃないですか。
by いち信徒 (2011-12-06 20:20) 

たんぽぽ

はじめまして
水谷先生のブログからとんできてから、ときどき拝見しています。
はじめてコメントしようとしたら、端っこさん以外の方々の批判し合いがすごくて驚きましたが、いつも楽しく読んでいます。

私はオザケン好きのクリスチャンなので端っこさんの「小沢健二の歌詞がすぐれている」にそうそう!と思っちゃいました。個人的な意見ですが、歌詞=言葉はセンスだなあと思います。あとは視野の広さ。まわりに広く視野をひらいて、多くのものを見て、感じたことを表現するためにベストな言葉を選ぶセンス。すぐれた文学作品を読んでそのセンスを磨く必要もあると思います。
だから英語の歌詞ではすばらしいワーシップソングを日本語にしてしまったときの残念さもあることながら、自分と神さまとしかない狭い視野ではなかなか磨けないのかもしれないなと思います。

これからも楽しみにしています。
by たんぽぽ (2011-12-08 03:02) 

一重まぶた

音楽的に良くても、歌詞が全く心に響かないワーシップソング多いですよね。
コアオブソウルとかは、讃美歌らしい歌があってお勧め出来るJPOPです。

by 一重まぶた (2011-12-09 00:36) 

NO NAME

神様に会いたくて震えるんですね、わかります。
by NO NAME (2011-12-10 06:36) 

NO NAME

あなた男でしょう?それも教会では青年と言われるカテゴリーの!:)
by NO NAME (2011-12-10 21:53) 

通りすがり

こちらのブログ、とても好きなので今後も読み続けたいと思います。なかなか語られることのない事柄を語ってくださっていますね。好感が持てるのは、根底に愛情があるからだと思います。
by 通りすがり (2011-12-12 08:36) 

NO NAME

うん、男だ~男に1票!!
by NO NAME (2011-12-14 01:03) 

ピーちゃん

わたしもそう思います。

ことばの表現を柔らかくしてくれれば…
言ってることは当たっていると思います。
by ピーちゃん (2011-12-24 19:56) 

まこと

初めまして!まことと申します。
ワーシップについて検索していたらこのページにたどり着きました。

初めは衝撃的にうつった管理人さんの言葉が、繰り返し読んでいるうちに分かってきました。
そして、私はワーシップ肯定派なのですが、管理人さんが感じている思いにすごく共感できました。
こっそりとりあげられたCDは、私が大好きな賛美のひとつですが、それも本当に管理人さんがおっしゃる通り、その歌詞に自分の心が伴わずに歌うならば、「ただ作曲者と神様との個人的なラブソング」でしかないと思います。
ただ、不思議なもので、私を含めワーシップの素晴らしさを知ることが許された人間は(それが優れているとかそういうことではなく、賜物のひとつだと思っていますので、賛美歌で神様を賛美する方を否定したりするつもりは全くありません)、ワーシップソングの歌詞に、自分の思いを重ねて心から神を賛美することができています。
歌詞が単純、コード進行が単純、それでもいいと思うのです。
心が伴っていれば。
むしろ、歌詞が難解、曲も難解で歌いこなせないのも問題です。

これ以上書くと果てしなく長くなってしまうので、今回はこの辺で。
時代と共に変化してきた賛美ですが、いつも中心が神様であることは変わってはいけないことですね。
ひとりひとりにいき方があるのですから、裁き合わず、自分の賛美を捧げたらいいんだと思います。
また来ます。
私のブログにも是非来ていただければと思います。
by まこと (2012-02-04 22:00) 

すゞ

小沢くんファンの福音派女です。「小沢健二 キリスト教」と検索してたどり着きました。『午前3時のオプ』なんて、まさしくクリスチャン的な歌詞。私もいわゆるワーシップソングが大の苦手です。未信者のころミッションスクールにいましたが、昔の讃美歌や聖歌はいいですよね。古語の助動詞の時制なども美しい。今度牧師に話してみます。ギター弾き語っちゃう方だから。『MOTHER』はゲーム(糸井重里)も音楽(鈴木慶一)も素晴らしい。激しく同意します。
by すゞ (2012-02-07 00:45) 

オールド

私もワーシップソングなるものが、大きらいです。

一度ワーシップ礼拝に誘われて出てみましたが、頭が痛くなってきました。

みょうちくりんなパフォーマンス(両手を上げ下げ)といい、歌声(会話してる声そのまま発声)、といい

この自己満足集団は一体なんなのだろう・・・と考えこんでしまいました。

若者が皆あれを好きだとは思えませんよね。

なんか気色悪いというか・・・とにかく音楽的にエラク陳腐に感じてしまうのです。

長年思っていたことを、書き連ねてしまいまして失礼いたしました。

最後にもう一つ。私はクリスチャン用語も苦手です。これはいつになっても慣れません。




by オールド (2012-07-07 15:58) 

まる子

批判している人たちへ、あなたのこの批判的な考え方、神様は悲しんでおられると思います。純粋に神様へ対しての感謝を歌に表現しただけだと思います。賛美歌も素敵ですが、現実的な歌のほうが、感覚的に心に入っていきます。私からすれば、どちらも神を慕っている感覚です。
 古い感覚だけもっていると、伝導は厳しいかも。教会とか神様とか、窮屈に感じている人はたくさんるので、ワーシップソングは未信者には入りやすい印象ですが
by まる子 (2012-07-17 00:17) 

まる子

批判している人たちへ、あなたのこの批判的な考え方、神様は悲しんでおられると思います。純粋に神様へ対しての感謝を歌に表現しただけだと思います。賛美歌も素敵ですが、現実的な歌のほうが、感覚的に心に入っていきます。私からすれば、どちらも神を慕っている感覚です。
 古い感覚だけもっていると、伝導は厳しいかも。教会とか神様とか、窮屈に感じている人はたくさんるので、ワーシップソングは未信者には入りやすい印象ですが・・・
by まる子 (2012-07-17 00:18) 

ナンシー

だいぶ前の日記のレスですみません。ワークシップよりAKB48の曲がずっといいです(秋元康さんは伊達に作詞家やってるわけではございませんし)
クリスチャン(ヘンテコや性麗)達と音楽巡ってでも良く口論はあります…

Dragon Ashはキリスト教をベースにした音楽多いですね…ヘンテコ達にしたらそれすら認めない…

あっヘンテコってなんで一般的な話ができないのか分かりません。KYだし。
by ナンシー (2012-12-02 11:37) 

ヨッシー

おっしゃる通り!笑
by ヨッシー (2012-12-09 21:11) 

通りすがり

前に通っていた教会で、
ゴスペル趣味な牧師息子とその取り巻きに乗っ取られ
追いやられました。
会員会で静かな礼拝を望むと意見しても、
バランスをとって賛美していくと言葉を濁し、
結局はどんちゃん騒ぎばかり、
クリスマスが近くなれば、礼拝後に強制参加のお歌の練習
ゴスペルサークルが大挙して押しかけて、
信徒が会堂から追いやられたことも。
連中は、自分に酔っているだけですよ。
ぼくはこんなに、神様に愛されてんだよって、
本当に気持ち悪い連中でした。

by 通りすがり (2013-01-02 17:48) 

レイン#散歩

何言ってるか分かんないし
あんたが素人だよ
by レイン#散歩 (2013-02-16 17:27) 

ゴスペルシンガー

ゴスペルや聖書のことを深く知れば全て解決しますよ
世の中に溢れかえるどんな自己啓発の本よりもホントに素晴らしい本ですから

あと心こもってて技術とかもヤバいクワイアなら海外にいっぱいいますし
日本でも中山さんやM4Uなどは正直格が違いますよ!
by ゴスペルシンガー (2013-05-20 08:59) 

端っ子

>ゴスペルシンガー 様
コメントありがとうございました。
あの・・・音楽を「聴く」という行為と聖書とゴスペルを「知る」という行為に
因果関係の必要があるのでしょうか?
また知ったらすべてが解決するというのは裏を返せば、
聖書やゴスペルを知らなかったら、知らない人間には
何も伝わってこない音楽だと暗に認めることになりますがよろしいのでしょうか?
ついでに中山氏、M4Uそれぞれ聞きましたけど、
「私にとっては」いかにもありがちな素人に毛が生えたような
「500円くれるといってもいらない」代物でした。
ゴスペルシンガーとのことですが、クリスチャンクリエイターの志の程度がわかって
非常にがっくりきたと同時に自分の感性もそう捨てたもんじゃないと再確認できました。
ありがとうございました。
by 端っ子 (2013-05-20 16:30) 

端っ子

>レインさん
コメントありがとうございました()
聖書を読み、研鑽をつんだであろうに、何一つ反論もできず、
この程度の文句しか吐けない感性と知性に
おばちゃんは今後のキリスト業界を憂うと同時にがっかりしてしまいました
もっと威勢のいい罵倒ができるようお祈りいたしますん
by 端っ子 (2013-05-20 16:39) 

端っ子

>通りすがり様
コメントありがとうございました。
大変な経験をした由、ご同情申し上げます。
神に愛され()りゃ傍若無人もまかりとおる、クリスチャン及びクリエイター以前に
こんなんが神に愛されるんだったら愛されなくても結構!
たまにそう叫びたくもなります。
自分に酔うと誰も叱ってくれず楽ですからね。
信仰上において、もしくは人間として神の愛だのなんだのにまけず直感で
「気持ち悪い」と感じたその感性、それは必要な呻きかと存じます。
大事にしてくださいませ。
ありがとうございました!

by 端っ子 (2013-05-20 16:45) 

端っ子

ちょっとコメント欄がかさばるのでここから数コメントずつまとめますん

>ヨッシー様
ありがとうございます!www

>ナンシー様
ワークシップよりAKB48の曲がずっといいです
当たり前だのクラッカーでございます。
秋元氏含め、昭和の歌謡曲を支えた作詞家、プロデューサーは
伊達にプロではありません。
まあいくつかの反論コメントのようにクリエイター側が
「神に愛されている()私達が作る音楽がわからない方を「悪」とする」
という作り手が「最もしてはならない鈍感さ」を保持するのならば
永久に売れもせず反感を買いながら礼拝の邪魔をする
ウンコのような音楽を量産し続けるでしょう。

>まる子様
コメントありがとうございます。
神様ではなく、「あなた」が不快に思い、悲しんでいるだけでしょう。
一個人の意見を「神の」と前置く感性には賛同しかねます。

>純粋に神様へ対しての感謝を歌に表現しただけだと思います。
だから何でしょうか?
感謝したら批判も批評も許されないと?

>私からすれば、どちらも神を慕っている感覚です。
それでいいのではないでしょうか。
>ワーシップソングは未信者には入りやすい印象ですが・・・
質を上げろという批判でワーシップソングの存在意義を問う記事ではありません。

by 端っ子 (2013-05-20 16:57) 

クリスチャンらしくないクリスチャン

賛美も伝道もいいけど、その前に身近な人に目を向けて!愛される為に生まれて来た?確かに神様は愛してくださっている。でも、人は愛する為に生まれて来たんじゃないの?まずは身近に助けを求めている人に愛を示してよ。ワーシップソングを歌って伝道している人って何だか好きになれない
ごめんなさい。独り言です。
by クリスチャンらしくないクリスチャン (2013-10-09 23:08) 

やっぱりどうしても好きになれません

はじめまして。

大変興味深く、本文とコメントを拝読いたしました。

J-POP風ゴスペルを支持擁護していらっしゃるみなさまのお気持ちは理解できます。わたしだって好きな音楽や映画を否定されたら反論したくなりますからね。
しかし自分の立場気持ちを神さまと同列に置くかのような言葉は、一見熱心謙そんなように見えて一歩誤ると自己正当化と受け取られかねません。
信仰のいいところであり怖いところです。

わたしはこの本文を、J-POP風ゴスペルの存在意義是非論ではなく、やるのなら質を高めて、という意図と理解しています。その立場に立ってみると、どうしてもわたしもリフレインや熱狂的や自己陶酔のようなゴスペルはいささか閉口しますし聴いていて疲れるとしか感じません。

長くなりましたがこのへんで。


by やっぱりどうしても好きになれません (2014-04-30 17:16) 

けろ

私はそう思いません。
私はクリスチャンではありませんが、彼らが本気で信じているものをここまで批判する必要も無いのでは...
彼らの音楽は全てが下手くそというわけでもありませんしね。
私はむしろワーシップ音楽のレベルの高さ、歌詞の深さに感動したことすらありますよ
by けろ (2014-06-23 21:04) 

はやし

聖霊に満たされるとワーシップソングがどうこうではなく、ただ神様を賛美したいと思うようになります

賛美せずにはいられなくなります

神様の臨在に触れられると変えられましたね(^-^)
by はやし (2014-09-21 23:50) 

ふるふる

ネットの波に乗っていたら偶然ここに辿りつきました。大変興味深く読ませて頂きました。

僕自身、クリスチャンで教会のワーシップチームで賛美の奉仕をさせて頂いてます。教会においてのゴスペル・プレイズ&ワーシップについて書きますと、技術的な事よりも真心から歌い演奏する事がまず大切だと多くの場所では考えられていると思います。それは聖書的に神様は外側ではなくまず私達の内側を見られるという教えがありますので、やはり技術的な事よりもどれだけ心が神様に向いているかを重視するわけです。そもそも賛美というのは古典的、現代的賛美を問わずその本質は人に「聴かせる」のではなくて神様に捧げる物なので、単に音楽のジャンルとして捉えるならば判らなくも無いですが、ゴスペルと一般音楽を同じ台に乗せて優劣を比べるのはナンセンスかと。性質そのものが違うものですから。

そして、心から賛美できる喜びを知った上で、更に良い賛美を神様に捧げたいという向上心を持って上達に励むのはとても良いことですし、大切なことです。僕の通っている教会の賛美チームのメンバーは、確かに技術的には拙い面がありますけれども、それぞれが誠実に練習に取り組んでいて、はじめて楽器に触ったときと比べると随分と上手くなったなぁと感じる時があります。言ってしまえば大して音楽の才能も無いかもしれない。でも、それでも自分の気持ちを賛美に乗せて神様に捧げたい。その気持ちがあったから続けて来れたのでしょうし、その事自体が大きな証になっていると思っています。年代や人によって好みが異なるのは当然です。なのでうちの教会ではワーシップだけではなく聖歌や賛美歌も取り入れて皆が礼拝に参加できるように配慮しています。

ワーシップのレベル云々について書かれていましたが、やはり僕の考え方とあまりに正反対なので不謹慎ですが思わず笑ってしまいました。失礼をば。単純な歌詞、コードばかり…ということですが、その何処が悪いのかが僕にはちょっと判らなかったです。逆に単純な歌詞だからこそ、シンプルなメロディだからこそ誰でも口ずさめるのがワーシップソングのワーシップソングたる所以ではないかと。聖書に書かれていることを変に難しく捉える人は多いですが、エッセンスに注目すれば本当にシンプルそのものですよ。その御言葉から曲を作るわけですから、出来上がる曲もシンプルになって当たり前ではないですかね。もしゴスペル&ワーシップソングが市場に出回っている多くの楽曲と同じであったなら、そもそもそれはワーシップソングである必要性は無いと思いますし、ワーシップソングとは言えないでしょう。

ちなみに、日本という国はワーシップソングの発達という意味では率直に未成熟であるといえます。昔と現在を比べると、教会で歌われるワーシップもかなり変化してきました。POP調の賛美も増えてたのは僕も実感します。それは日本の教会においても世代交代が進んできており、若手の感性が楽曲に反映されてきているという事も大きな理由として挙げられます。けれども、それでもまだまだ日本という国ではゴスペル&ワーシップという音楽は未成熟の域を出ていないと思います。ところがアメリカ等に目を向けると、クリスチャン音楽はCCM(クリスチャン・コンテンポラリー・ミュージック)というれっきとした音楽のジャンルとして地位が確立されており、それらの楽曲を手がけるミュージシャン・アーティストのレベルは相当な物ですよ。僕が普段からよく聴いているだけでもDon Moen,Matt Redman,Chris Tomlin,Lincoln Brewster,Michael.W.Smith,Laura Story,MercyMe,NewsBoys,,,他にも沢山居ますが挙げたらキリが無いのでこれぐらいで。Michael.W.Smithなどはグラミーも普通に受賞しているアーティストですね~。

日本にも素晴らしいワーシップリーダー、ミュージシャンは沢山居ますけれども、もし不満であれば外国のワーシップにも目を向けられることを勧めます。居の中の蛙と仰られていましたが、新しい発見がご自身でもあるかも知れません。

ちなみに僕は音楽畑の業界で働いておりますが、聴いてる立場の人は気に入らない音楽に対してけっこう貶したり攻撃したりしがちですよね。でも実際に音楽に関わっている人達の間では、リスペクトし合う姿勢というのが基本です。

長くなりました。この辺にて失礼致します。
by ふるふる (2016-08-16 12:12) 

お名前(必須)

私の心をすべて代弁してくれたようで、スッキリした!
私も大嫌い!!頑張って慣れようとしたけど無理だった。
教会離れて、やっとー落ち着いた。
世の中の歌の方がずっと美しい!
by お名前(必須) (2017-02-27 13:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。