So-net無料ブログ作成

クリスチャンの伝道団体(3)伝道者と伝々虫と伝強虫 [クリスチャン業界の下世話な話]

結論から言おう。

日本でリバイバルが起こるためには、たぶん相当な人数の殉教覚悟のキリスト者のただ働きがいる。
また後に書くが、日本文化との受容も真剣に考えなければならないだろう。カトリックが靖国を認めたのはその一端である。
カトリックが靖国参拝を認めたのは信仰の妥協とか多文化共存wなんぞという甘ったれた理由じゃたぶんない。
こいつら1000年、2000年かかっても日本のみならず世界とる気マンマンだからである。

もし日本文化との受容を認めないのならば、現代において、キリスト教の意義など品行方正+身を粉にして
「社会の歪みで喘いでいる人達」が生活できるように体をはって支援し続けるかしかない。
自分の懐の痛みと忍耐と時間とを持って。それでも200年はかかる。それだけキリスト教は歴史的に悪さしすぎた。

話は変わるが、とりあげた某団体の主事とやらも最近話題にしているが、日の丸・君が代問題がある。
私はこれについて今だピンとこないので言及は避ける。
個人的に賛成するのも反対するのも机上では楽な議論であるなとは思っている。
キリスト者がこの問題に反応する理由は戦時下のホーリネス殉教だろう。
この殉教の精神、先人の働きに見習って国家の非宗教化を阻止しましょうとキリスト教界で動きが
広まっている。まあ運動するのは結構である。
しかし、それが今未曾有の国難にあってパニくっている日本におけるキリスト教「伝道団体」が表立ってすることかとも思う。

仕事上の都合で元号は書けないと主張したら上司に怒られたとか君が代歌えないから公務員諦めたとか証にあるが、
隣人に仕えるどころか金もらっている仕事に迷惑かけて迫害気分とはいい気なもんである。
確かにこういう問題は、世人がキリスト教に対して最も躓きを覚えている過去の十字軍やイラク問題等に対する厳しい目を逸らすのには有効だ。
世人の共感は得られないが自分は信仰深いと「仲間内で」アピールすることもできるだろう。


しかし、私はこの未曾有の国難の段階で、「効果」も考えず福島より日の丸の話をあげることに逆に「賢さ」と「うさんくささ」を感じてしまうのだ。
たぶん、これらの伝道団体の学生は上も下も育ちが良くて賢すぎる。育ちがよくて賢い若者の欠点は自己保身を善意で補強し、また気付かない点にある。ゆえに人心を掌握できず伝道には向かない。
私のん十年の拙い信仰生活の中の経験のみの判断で恐縮だが、伝道に向く人間の第一の資質は愚直なバカであることである。伝道は真にバカの所業である。
内村鑑三というおっさんも大体似たようなこと言ってたので、まああながち間違ってはいないと思う。
なぜなら人は「可知」なものではなく「不可知」なものに引かれるからだ。バカは不可知であるからこそバカで、可知が不可知に指向する限り、不可知は可知を内包する。

己の信仰のために未曾有の国難もしくは弱者を利用するという計算高さとそれを上回り命を消費する気狂い沙汰。まさにバカの犯行である。 
真に100年語り継がれる伝道者というのは本能的にこの辺の清濁混合さが見事でそれだからこそノンクリスチャンにも語り継がれる価値があるのである。
逆に真に100年語り継がれる逆伝道者はこの順番が逆で、てめーの浅知恵で金を溜め込み、あまつさえ聖書を利用し未曾有の国難を他国に及ぼし弱者を作り出す作用がある。
ビリーなんたら親子というでんでん虫がそれである。リバイバルとかメガチャーチとか震災は神の天罰とかいって追随したい福音派の牧師は大概このでんでん虫である。
まあでんでん虫は虫で反キリスト、キリスト者の内役割があるのだが。

ちなみに聖書ばっかり勉強して世人の共感も得ることも考えず、
平和とか君が代とかピントのはずれたことばっかりいっている人のことを私は「伝強虫」と呼んでいる。


まだまだ続くよ~


コメント(4)  トラックバック(0) 

コメント 4

十分の一は問題です。

いわゆる「福音派若者伝道団体」の上辺ばかりの底の浅さを鋭く喝破されておりますね。

福音派の若者(若者に限らず?)が、賢く保身に長けた小粒の「優等生クリスチャン」ばかりになってしまうのは、福音派自体の神学の構造的な問題に原因があるのではないかと考えています。
いずれこの問題について考えて書いてみたいと思います。
by 十分の一は問題です。 (2011-11-27 01:29) 

浅見定雄のシンパ(自称)

靖国神社についての意見ですが、「靖国神社を認める=日本文化の受容」という図式は、いささか荒削りすぎるように思えたため、少し補足させていただきたく思います。

>カトリックが靖国参拝を認めたのは信仰の妥協とか多文化共存wなんぞという甘ったれた理由じゃたぶんない。

 カトリックが靖国神社を認めたのは、上智大生靖国神社参拝拒否事件がきっかけのようですが、当のカトリック内部でも、「靖国」については、意見が分かれるようですね。

 批判的な意見としては……

>このような強制や優遇は諸宗教の不平等の取り扱いではないか、という批判に対する政府の答は、「神社は宗教ではない」というものだった。神社は日本民族という国家的生活共同体において伝承されてきた祭祀であり、仏教やキリスト教や教派神道(天理教・金光教・黒住教など)のような一般の宗教とは違う「惟神道(かむながらのみち)」である、というのである。政府が学校教育で強制する神社参拝も、そこに祀(まつ)られている神の礼拝という宗教行為としてでなく、愛国心と忠義の表明としての最敬礼として求められているもの、と文部省は弁明した。
 だが、このような政府の説明が国家と一宗教の癒着によって「信教の自由」の原則を踏みにじる暴挙の苦しい言い逃れであることは明らかだった。
(宮川俊之司祭 http://www.nagasaki.catholic.jp/dai13_3.html

>カトリック信仰の立場からすれば、靖国神社の参拝は、太陽崇拝などと同じように、神ではない被造物を祀り、これを礼拝する偶像崇拝に相当するから、偶像崇拝を禁じる神の第一戒に違反するものと考えられる。
(糸永真一司教 http://mr826.net/psi/catholic/0611-0710/071001
 

 肯定的な意見としては……
>靖国神社での敬礼は宗教的意義を有さない、という公式回答を得て、信者らは安心して参拝できるようになったのです(田口芳五郎『カトリック的国家観』カトリック中央出版部、昭和7年など)。

 この教会の判断はバチカンによって追認されました。それが1936年の指針です。

 日本の教会は、異教儀礼に由来すると思われる行為などを公的に求められたときの信者の対応について何度も照会し、これに応じて布教聖省はこの指針を発したのです。
(齊藤吉久 靖国神社での敬礼は宗教的意義を有さない、という公式回答を得て、信者らは安心して参拝できるようになったのです(田口芳五郎『カトリック的国家観』カトリック中央出版部、昭和7年など)。

 この教会の判断はバチカンによって追認されました。それが1936年の指針です。

 日本の教会は、異教儀礼に由来すると思われる行為などを公的に求められたときの信者の対応について何度も照会し、これに応じて布教聖省はこの指針を発したのです。
(齊藤吉久 http://homepage.mac.com/saito_sy/yasukuni/H190215JSpamphlet.html

 >今日、2月4日(土)横浜・山手教会の野村勝美さんが企画したカトリック教会信徒有志による靖国神社昇殿参拝に参加してきました。


11時20分、新装された参集所に集合。10人の参加がありました(これは野村さんの想定の範囲内)。従来の参加者にネットで情報を得た方も参加されました。
12時前に手水盤で手と口を濯いで拝殿へ。拝殿では神職からお祓いを受けた後、「主祷文」、「天使祝詞」、そして「聖フランシスコの平和を願う祈り」を全員で唱えました。
回廊を通りご本殿へ。ご本殿では野村さんが代表して祭文奏上。代表者が玉串を捧げ、合わせて全員で「二拝・二拍手・一拝」による拝礼。その後、しばらくの黙想の後、各個拝礼。これで、ご本殿での拝礼は終了。
ご本殿を退出後、回廊の途中で直会、御神酒をご本殿に向かって頂きました。最後に撤下品として神盃を頂き、参集所に戻り昇殿参拝は終了しました。

(頬白親父 http://blog.livedoor.jp/kasahara_7524/archives/50354936.html

 あとは「保守」を標榜する文化人や歴代首相など?!

 カトリックでは「正平協」などが政治的理由から靖国神社に批判的で、政治家に近い方や、保守が趣味の方などは肯定的なようですが、決してカトリックも靖国神社に関しては意見が一致しているとはいえないでしょう。

 また、原始福音・キリストの幕屋も靖国神社参拝を行っていますが、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%B9%95%E5%B1%8B
 彼らが「リバイバル」と呼ばれる、信仰復興運動に貢献したといえるかは、いささか疑問です。

 このネタに深入りする気はありませんが……。

 以上、西〇重〇氏や、日〇社会派、左翼・右翼とは縁もゆかりもない、ノンポリの投稿でした……。

by 浅見定雄のシンパ(自称) (2011-11-28 21:57) 

端っ子

>十分の一は問題です。様

どうもこの記事を投稿した時に「承認制」になっていたようで、今まで
未承認扱いのままコメントを見ずにおりました。お返事が大変遅くなりまして
申し訳ありません。
過分なコメントありがとうございました。
賢く保身に長けた小粒の「優等生クリスチャン」、これは20年前に比べて
相当増えたと思います。
これはたぶんクリスチャン業界だけではなく、世相も現していると思います。
聖書的であるのはかまわないですが若いうちからそこに「保身」が見え隠れするようなクリスチャンが百万人にいてもたぶんボロが出ます。
「聖書の勉強」って楽なんですよね。エネルギーも使わずに自分が善人になった気分になれる、手軽な装置です。
私はこの[勉強」の繰り返しが小粒なクリスチャンを生む原因の一つではないかと考えています。


by 端っ子 (2012-01-07 00:49) 

端っ子

>浅見定雄のシンパ(自称)様

こちらも未承認のままになっておりまして現在までコメントを見ず放置した状態になり大変失礼致しました。
カトリックと靖国参拝につきまして浅学な暴論を補足して頂きありがとうございます。
靖国問題につきましてはカトリックで様々な議論があり信者の立場も分かれている所までは承知しておりますが、個人的な主張のためにそれらをひっくるめて荒削りな主張をしたのはまったくその通りでございます。
「靖国問題=日本文化の受容」は確かにいえない面もありますが、
やはりカトリックがプロテスタントに比べて文化の受容をする面が高いとは感じます。
それがノンクリスチャンの日本人にとって比較的好印象に映る場合が多く、また「伝道」を第一に考えるにあたって、偶像崇拝の厳格な禁止が果たして優先的な事項に当たるのか疑義を評するものとして記事をあげました。
的確なご指摘ありがとうございました。
もう少しこの件に関しまして考えてみたいと思います。
by 端っ子 (2012-01-07 01:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。