So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスチャンの伝道団体(1)人に汚れ仕事を押し付けといて地の塩ww世の光ww [クリスチャン業界の下世話な話]

さて、伝道についてである。
我々、クリスチャンは「伝道」という言葉をよく用いる。
そもそも伝道とはなんだろうか?
この度は、まず「悪い例」をあげて二部構成で暴論を吐くことにする。

教会に所属していればたまに「伝道団体」とかが出入りすることがあるだろう。
聖書を配ったり、路傍で語ったり、インターネット伝道という方法もある。

今回はその中で大学伝道というものを取り上げる。
誠に気の毒だが、積年の恨みでかなりぼっこぼこに書いているので心臓の悪い人は手軽にサタンと呼んでこちらにお祈りして頂いても構わない。


KGKというのがある。なんでも大学の「伝道団体」ということである。
福音派の教会なら、大体必ずこれの関係者がいるもので私も過去何人も会ってきた。
しかし、どいつもこいつもいうことが本当にたいくつというか平坦極まりなく、いや所属じゃなくて、その態度は人としてどうよ、と思うことが何年も続いて、私はこっそり「燃えない落日とかセックスしたい聖書同好会」など暗に呼んでいる。

なんというか個人個人はすごくいい子ちゃん達なのだ。この不景気の現代において聖書を読むためだけに集まるのだから顔付も見ていてよいクリスチャンのご両親に育てられたまじめで普通の性格の人達である。
なんかださい同人誌のような冊子を使用し、一生懸命受験勉強に励む学生のように勉強やら読書会やら続けている。
その姿を見るたびに「大学生になっても「聖書チャレンジ」」「終らない受験勉強」という言葉が浮かぶ。いつ試験に合格するのか楽しみである。

しかし、どこの所属にも熱心党がいるもので大体はおばちゃんの余裕ではいはい、とかましてきたが、
この団体の熱心党の奴らだけは本当に腹に据えかねることが多い。

彼らはよく自分のサークルについていかに素晴らしいか語る。

KGKは超教派の集まりで垣根をこえて聖書を…とか
KGKは皆様の祈りに支えられて60年の伝統が…、とか、
主事達は本当に一生懸命でとか、
婚前交渉についてこのテキストを読めば聖書的ですよ!
とかまあ楽しそうである。

それはそれは、と世間話ついでにクリスチャンの話を持ち出してみる。
例えば「○○大学の神学部にとても活躍しているクリスチャンがいるらしい」と言うと、

「あ、その大学リベラルだからダメですー」

終 了。それから先話も聞いてくれない。
またYMCAやカトリックを堕落しているだの、リベラルだの天皇制だの散々批判しといて、自分達の団体は創立「60周年」だからと「歴史がある」と主張する。
それは京都の企業にうちの会社は創立100年の老舗ですと吹聴して回るのになんら違いがないものだが、堕落を主張できるなら、それなりの知識があるだろうと、「でもあそこって代母さんとかあって面白いよね~」とか振ってみると、

「ダイボって何ですか?」

基本的なシステムすら把握していない。
500年、2000年、と続いてきた歴史を尊重しないで、ぽっと出の新興団体が聖書片手に自らの「正当性」をドヤ顔で主張する様はバカなのか本気なのかわからない趣深さがある。

主事達は本当に一生懸命で…、ならばそうかと一生懸命参考のためにその主事とやらのブログを見ると、

大体

「自分達はあっちこっち大学に出かけていって伝道してますよ!お祈り(献金)ください」
「どっか(大概超安全なキリスト教国)留学した。外国のKGKと交流した」
「結婚成功!子供かわいい勝ち組!」



の内容がないように加えて、皆一様にPaypal(こういうシステム取り入れるのは早いのね)を用いた献金の窓口を自分のブログの目立つところに貼り付けておいてブログのコメント欄は閉鎖したまま(ちなみにmixiなども非公開である)という「金は欲しいけど意見は聞きません対話しません」的な伝道団体にあるまじきお話にならない体質が透けて見える。

よく「用いられている」「奉仕」とかいうが、その奉仕としばらく見ていたが、大抵「献金のお願い」を全国各地に郵送するお仕事というから笑えない。

婚前交渉についてのテキストを見ると、
「マスターベーションがやめられない」「ポルノを見て性的興奮しちゃうどうしよう」

母親に筆おろしまで頼む気かてめーで解決しろ、というほどアホな悩みを大学生にもなって「わかち合う」。

話は変わるがうちの母親はノンクリだ。しかしキリスト教には寛容な方でまた読書家である。
実家に寄った際、いつもの調子でこの冊子を見せたところ、

「こんな、気持ち悪い本を年寄りに読ませてから!歪んだ性欲が透けて見えて気持ち悪い。触りたくもない。今から燃やしていい?

カンカンに怒って電話で怒鳴り込み、始皇帝以来の焚書に乗り出す始末。

結局このKGKという「伝道」団体が、人を通して冊子を通してネットを通して罪人の「私」に、ん十年かけて伝えたこととは、

主に牧師の子弟などのクリスチャンホームⅡ世、三世(ボッチぎりぎり)が親に言われてなんとなく信仰を持ったけれども、いまいち救われた実感がないあやふやなアイデンティティを補強するために、受験勉強の延長で聖書を「勉強」し、似たもの同士で傷をなめ合い、キャンプや会などを通して「サークル内でいい条件の相手」を見つけてセックスせずにいかに早く結婚するかを競争するのを最終目的とする。

んだな、という「感想」である。

まあ、学生だからよい。なんとなく不安なのはその次だ。
将来の夢はときくと、判に押したように「クリスチャンホームの形成」で、あとなんだか漠然とした「この世の光となって聖書的な福音を…云々」である。
そのために何をするのかと、ん十年職業選択を見てきたが、

大概「日曜日の礼拝を守るため」

公務員、教員、電力会社、日本型老舗企業等、医療関係、自分のうち(自営・教会)を継ぐ。
とにかく楽な仕事につくために全力で試験を受ける。またこいつら聖書まで受験勉強の要領でこなすものだからテスト系はめっぽう強い。 
献身する奴らはまあその中で骨がある方だ。
KGK出身の献身者の最大の欠点は、聖書に忠実なのは結構だが、説教が大学のレジュメのようで、まるで生きた血肉が感じにくいことである。
日曜日組んだりであの退屈な大学の一般教養「キリスト教講義」を受けた気分になる。要するにテストに強すぎるのだ。

かくてこの世に勝利し、ホワイトカラーの称号を勝ち取った。彼らに言わすとこの世と妥協せず信仰に打ち勝った勝利者であるという。職業選択は個人の自由だから別にいい。問題は、

この覇気のない夢もない若者達が福音派のいう聖書的な信仰の模範、モデルなの?

という点だ。

日曜礼拝に参加できない、クリスチャンとしての職業選択に失敗した敗者は「この世との妥協」「お金の奴隷」「本当に神様の方に向いているのか」等々、メッセージに冊子に子供、学生に60年伝えた結果がこれなのか、と十数年ここの学生を見てきたが暗澹たる気持ちになる。

まともに頭が働く読者ならわかるが、こんなものは「戦い」じゃない。
「イス取りゲーム」でイスを取っただけでさらに「信仰」名目でそれ以外をタコ殴りにしているだけである、

私は正直結構だと思っている。

このような若者が伝道wする限り、日曜日の仕事を肩代わりさせられ挙句の果てに奴隷扱いのサラリーマン、教会の奉仕にPTAや親戚の集まりをほっぽり出す主婦を見た人々は、子々孫々まで「クリスチャンにだけはならぬぞ」と決意を新たにすることだろう。
ルターのような、ジョブズ(仏教徒で残念でしたwwwwwww)のような改革者は1000年たっても現れないから
これからもどうぞ「この世に何の影響も与えない団体」「燃えない落日」として静かに沈みつつあって欲しい。つーか昇ってくんな。

 

 

 ついでにYMCAは「ちゃらんぽらんでボランティア好きが多い」のふつーのサークル、CCCは「気がつけば風のように外国にいっている」というイメージである。
前者はまあ普通の若者、後者はいつのまにかどっかに行ってるので忘れたころに「献金のお願いの封書」が回ってくるので深く関わっていない。
深く関わっていたら、今回の団体のように、糞のように槍玉にあげていただろう。運のよさに感謝するといい。

 

伝道については(2)に続く。私はクリスチャンなので週末は忙しい。記事は週明け。

 デポーションにはこの毒麦をお使いください↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 


コメント(25) 

コメント 25

1クリ

おお!矛先がKGKに向かいましたか!
とはいえ書かれている姿は、伝道熱心な教会と同じだなあと思いながら拝読しました。
だいたいKGKの学生は学校の成績は良くないようで、そこで証(得意な言葉ですよね)ができなくてどうするのかと。
自分たちを守るために排他的になって井の中の蛙になって、そのことに気がつかないという点も共通ですね。
by 1クリ (2011-11-13 21:13) 

端っ子

>1クリさん

今回は私の「個人的」恣意によってKGKをとりあげましたが、
やはり問題は現在の「相対主義的な多文化受容」に対し、
キリスト教全体が「聖書主義的な一神教」の良さを提示できていないところにあるでしょう。私にだって提示できないし、他の模範的クリスチャンを見ても、「すごいな」とは思うけど、仏教徒にも無宗教にも素晴らしい働きがあることを「知って」いる。また十字軍、イラク侵攻などの負の歴史をつきつける人に対して有効な抗弁が見つかりにくい。

こんな状況を打破しようとリベラルを否定した福音派が戦後一生懸命
「伝道」「リバイバル」「聖化」「弟子訓練」と様々な手法を用いたけれど
逆に教会のカルト化、教会離れを引き起こしプロテスタントで内部分裂が
おこっている。
私はこの状況を打破するためには、まったく異なる立場の人々(例えばセクマイの方々との「直接対話」し続けることしかないと思いますが、どうも伝道とはいいながらも内に篭っている状況にちょっとそれはどうかそもそも「伝道とは何か」、という「提起」をちょっと激しい論調でけしかけてみる、これが今回のブログの目的です。
私の知っている学生は成績は優秀でしたね。まあでもいくら偏狭と言われても記事にしている限りは、某団体に対する印象は変えないですね。
それが「暴言」の責任とも思ってます。


by 端っ子 (2011-11-13 21:41) 

浅見定雄のシンパ(自称)

KGKネタも、話題は尽きないと思いますが、「否んだ性欲のとある冊子」で、オナニーやAV鑑賞の趣味をここで引用されたら、もはや羞恥プレーの一環です(笑)。

(やけに「SEX」に執着するのも、何かヤラシイですが…)


さて、このKGKネタ、擁護側、批判サイドとも次第に意見か集まるとは思いますが、私もその経緯を楽しませて頂きます。


なお、「同人誌のような冊子」では、『小説・学○の伝道』が香ばしさダントツです。

トリップしてみたい時にどうぞ。
by 浅見定雄のシンパ(自称) (2011-11-16 21:47) 

○○さん

匿名だと、そこまでお書きになるわけですね。
とはいえ、何一つ耳新しい暴論があるわけではないですね。
by ○○さん (2011-11-17 05:00) 

いえねこ

興味深く読ませていただきました。
仰りたいことは分かります。
でも、何だろう・・・
「じゃあ~どうしたらいいの?」
ご自身の考えが全く書かれていませんので
端っ子さんの周りにいるクリスチャンの悪口を言ってるだけになっていますよ。

「そこまで教える気は無い!」
または
「自分で考えろ!」
というお考えでないなら、是非お聞かせてください。
これから書く予定であったならお待ち申し上げます。
by いえねこ (2011-11-17 17:28) 

端っ子

>浅見定雄のシンパ(自称)様

こんばんは!
あの冊子を見たときに、母以外に求道中のノンクリの人も似たような反応をしたのが興味深かったです。
「こんなことも自分で考えないの。クリスチャンって…」と言われました。

『小説・学○の伝道』…ほんと浅見定雄のシンパ(自称)様は博識でいらっしゃいますね。
聖書ボケした頭にちょっとトリップ入れようかな…w
コメントありがとうございました!
by 端っ子 (2011-11-17 22:09) 

端っ子

>○○様

「個人ブログの匿名性」論議につきましては、
私は「利益がないのにデメリットを引き受けるバカはいない」ということを出発点とします。
実名でブログを書く人々を尊重しますが、それ相応の利益(教会の宣伝、自著の宣伝等)ある程度の利益を享受しているものと察します。
このブログはクリスチャンとして主イエスの功績を広めること、または個人的な利益の享受を「目的」とはしません。
匿名より実名ブログの方が責任があり傾聴すべきという意見は最もではありますが、逆にいうと「実名を出すこと」の権威性に依存し、匿名でしかいえない意見を「黙殺」する危険性を孕んでいるとも考えられます。

私は常日頃より、「責任ある立場の人間の理論的主張」より、
「責任のない人間の一時的な感情によるつぶやき」にこそ、何らかの歪みの発生点として強く評価をする立場の者であります。
一時的な感情の暴露による、発言主の評価の暴落等の責任については、ブログ主に帰するものであり、このブログに関しては、反論の機会や手段を閉じてはおりません。また外部の人、批判された対象が批判し返すのも自由です。

「暴論」に耳新しいことがないのはとても幸いです。
私の主張が広く世間的にもキリスト教的にもありふれたことであるのならば、主張する人間としてこれほど望ましいことはないでしょう。

個人的には耳新しいこと一つもないと判断し、ブログ主の匿名性を批判しながら匿名でコメントをするその○○さんの情動に非常に興味を惹かれました。

コメントありがとうございました!

by 端っ子 (2011-11-17 22:10) 

端っ子

>いえねこ様
ようこそいらっしゃいました♪
この記事に関しましては、二部構成になっておりまして、それに対する私の考えを
後で書くつもりでした。しかし現時点でもその先にでも
「周りにいるクリスチャンの悪口を言ってるだけ」と捉えられてもかまいませんし、
その方が自主張に対する読者の感情様を動かすのに効果的とすら思っております。

まあ批判を元にした記事に対して「自分の考えを書け」という主張も「何を根拠にそんなことせないかんのか。記事に対する評価の責任は自分でとるし、反論があれば機会は開放しているのですればよい」と考えております。

後記事はちょっと遅くなるかもしれませんが、書く予定ですよ~

コメントありがとうございました~♪

by 端っ子 (2011-11-17 22:11) 

ceci

亀レス&ヨコレスなんですが・・。

私は、匿名だから云々というよりも、端っ子さんがどんな方だか、どんなスタンスで教会生活を送っておられるのか、いまいち見えてこない段階でこれだけ激しい批判をされているので、読んでいて違和感があるなあ・・と思いました。

どんな風に捉えられても構わない、ということのようですが、読者としては、「私はこういう風にやっているので」「だから、こう思う」という部分を知りたいなあ・・・と思いつつ後記事を待っています。

KGKは、30年も昔の学生の頃、少しだけかかわりを持ちましたが、それ以来関係なしで来ています。
今、この記事を拝見して、「あの頃とあんまり変わってないんだな」と思いました。

日曜日がお休みの職場を希望するクリスチャンの気持ちはよくわかります。
ただ、そうしなかった人を裁くのは筋違いですよね。
日曜日も働いてくれている人たちのおかげで、安心して生活できて、礼拝にも行けるのですから、むしろ感謝しないといけないですね。
by ceci (2011-11-18 09:35) 

創造論は問題です

福音派はイタい。イタ過ぎる。

カルト化が頻発しているのに見て見ぬふり。
それでいて、自分たちだけが正しいという驕り高ぶった態度。

これからも福音派のインチキさを暴露していただければと思います。

「しおんややリベラルっぽい掲示板」でも絶賛暴露中です。

by 創造論は問題です (2011-11-18 20:13) 

端っ子

>ceci 様

コメントありがとうございます!「私はこういう風にやっているので」
「だから、こう思う」の件ですが、「私はこういう風にやっているので」の
「やっている」がどの程度ならば悪口→批判に変わるか、あまりその辺を
主張するのに興味がないのです。
簡単にいいますと、
○40代おばちゃん
○共働き・子供なし
○教会の奉仕:日曜学校、掃除他
○教会に行く頻度:ほぼ毎日。
早天祈祷、デボーション、学び会、婦人会、毎週の礼拝参加
○献金は月定(十一はいやん)、他にキリスト教慈善団体のボランティア、原発の際は被災地ボランティアに参加

ですが、ネット上の主張において、このぐらいの「奉仕」をしたらどうだ、という返し方はあまり好きではないのでございます。
後記事にまた色々書きますので、ご判断頂ければ幸いです~
某団体が30年前からそういう傾向があるのならば、いまさらどうしようもないかもしれませんね。色々期待してみていたのですが・・・
今でも話す度に感情のないロボットみたいだ、と思ってます。
ありがとうございました!

by 端っ子 (2011-11-21 23:24) 

端っ子

>創造論は問題です 様

ようこそいらっしゃいました!
あまりカルトカルトいいたくないですが、
福音派の最近の問題の頻発ぶりはもう見逃すことはできないでしょうね・・・
自浄努力をしない限り、ただのリベラル(メインライン)の反動勢力「だった」として歴史に汚点を残しながら静かに消えていきそうな気がします。
「しおんややリベラルっぽい掲示板」はたまに見ます。
神学的に見た十一献金の怪しさなど、これからの活発な議論を期待しています。
コメントありがとうございました!

by 端っ子 (2011-11-21 23:28) 

シロヤマ

 初めて、コメントさせていただきます。私は以前からKGKの活動に違和感を持っているものです。伝道熱心なのは、クリスチャンとして誠に良いことだと思います。でも何か、主事、学生やOBの人達の中に浮世離れした姿、また、社会性のなさを見てしまうのです。異性との交際の仕方、学園祭期間中に学園祭に参加しない学生の過ごし方などを主事に指南され、大学生にもなって自分で考えられないのかと思います。ある主事のブログに学生が学生に伝道するためにロールプレーをさせたという記事がありました。その中で自分がまず、相手の学生と友達になって、自然体で伝道することが良いという感想をロールプレーをした学生が述べていました。そんなこと当たり前だと思うのですが。最後に、私もクリスチャンですがKGKの学生のノンクリスチャン学生やKGKに所属していない学生に対する上から目線の態度、何とかならないものかなといつも思っています。
by シロヤマ (2011-11-24 11:49) 

端っ子

>シロヤマ様

コメントが遅くなりまして申し訳ありません。
シロヤマ様も某伝道団体に違和感を感じてらっしゃっるのですね?
いい年こいたおばちゃんの老婆心で恐縮ですが、
私も社会性のなさは特に感じます。
時間は守らない、奉仕はさぼる、仕事はしない、身だしなみを整えない
この世を敵視する以前に仕事ぶりがこの世以下。
あと楽をしたがって、金を稼ぐことの認識が甘いですね。
KGKの学生を一くくりにするつもりはありませんが、
とにかく「自分で考えない」傾向はあると思います。

ノンクリ&リベラル(ってこれ勝手に福音派が敵視しているだけですが)、
の見下しとういか、あんまり友達になりたくないんじゃないかなあ。
いつもKGK同士で固まってるし、ノンクリ側としても、聖書だけ
読んで浮世離れした学生なんて魅力ないでしょう。
まあ、そういう状況なんで「燃えない落日」と評価したまでです。
また色々コメントくだされば幸いです。ありがとうございました!
by 端っ子 (2011-12-03 23:52) 

TOKO

こんにちは。

KGK、懐かしい・・・と言って、参加したのは2回だけ、
金曜夜の祈祷会(と称する単なるダベり会)だけですけど。
同じ大学で、学部は違ったのですがKGKの活動を熱心に
している人がいて、彼女が私を誘ってくれたのです。

その彼女自身は、とても感じが良くて優しくて、
大好きだったのですが・・KGKはなぁ・・・と。
ご指摘の通り、なんか浮世離れしてる人々の団体で。
私も当時、クリスチャンに成り立てで、「熱い」方だったと
自認しておりますが、その私をして引かせてしまうだけの
「何か」があったんですよ。

それから、私は某大学のバレー部のマネージャーを
していて、そっちの方が実は楽しかったんですよね。
教会もそれなりに熱心で、奉仕も奏楽やらCSやら
やっていたんですけども。
何と言うか、女子大で異性と出会う場ってのが
大学と教会だけでは全然なかったので・・・。

その頃、一緒にマネージャーをしていた友達とは
まだつながりがあるんですけど、KGKに誘ってくれた
人は日本語講師になって中国に就職して、
以来、音信不通です。
by TOKO (2011-12-07 14:30) 

端っ子

>TOKO様

私事が重なりお返事が遅くなって申し訳ありません。
日曜学校の記事に引き続きコメントありがとうございます。

確かに個人的にはいい人も多いんですけど、あの「浮世離れ」だけは
いまだに何が根本的な問題だろうと思う時も多々あります。
クリスチャンなりたての「熱血期」に「引かせる何か」その第六感は
知識がないゆえの直感ゆえに真実味を帯びているのかもしれません。

大学のサークルは楽しいですよね~
私も大学時代のサークルは楽しかったです。
その思い出があるからこそ大学時代に「KGK」に捧げちゃってる
学生はなんか気の毒というか・・・まあ個人の自由ですけどね。

その中国に渡った方が今でも信仰を持ち、いい生活をおくっていれば
いいですね!
コメントありがとうございました!
by 端っ子 (2012-01-07 00:14) 

http://www.discount-gucci.info/

こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いします
by http://www.discount-gucci.info/ (2012-10-16 20:14) 

おっしゃる通り!

いちいちうなづけます。
以下、わたくしのしょ~もない感想:

①当方もKGKの集会に参加したことが何度かあります。
クリスチャンの大学生らに目をつけられ、まんまと餌食になりかけたわけです。

彼ら、日本でfacebookが流行するずっと前からfacebookを駆使したり、
全国の福音派教会とうまいことつるんだりしており、
「今度XX県の教会のだれさんがどこ大に入学するらしいよ!」という情報ネットワークを
クリスチャン二世の大学入学前から共有しているのです。
気持ち悪いですね。

②ついでに言えば、彼らの業界用語がいちいち横文字化しているのもカルトっぽくてホント気持ち悪い。
"KGK"とか"NC"とか、"GKG"とか。
エホバの証人たちが自分らを"JW"とよく略すのとどことなく似てますね。
正式名称の響きから逃げて、どことなく外国語っぽいかっこよさでごまかしたい心理でしょうか。

③3年に一度全国のKGK信者が集まるというNC(national conferenceの略だそうです)にも一度だけ行きましたが(その時が初めて当団体に参加したときだった)、
参加した瞬間、もうこの団体には関わるまい、と心に決めました
(それでも一度踏み入れてしまった以上、しつこい勧誘を完全に断ち切るのには半年かかりましたが)。

④そこでは、某神学校の学長で名誉神学"博士"の"神学者"さまが、
「みなさん、なんで伝道しないのですか?
ちょっと考えてみれば、みなさんの大好きなお友達や親せきはこのままだと地獄に行っちゃうわけなんですよ?そう考えれば必死で伝道せざるを得ないでしょう?!」とあおるような内容。
まあ、キリスト教を本気で誠実に信じていれば、このようなカルトチックな考えに染まるのはある意味で当然のことなのでしょうが。

以下、当方のぐだぐだした感想でした。

by おっしゃる通り! (2013-02-21 23:20) 

メンズアグブーツ

-- <a href="http://www.cdtm.edu.vn/uggnobutsu/uggboots_85.html" title="メンズアグブーツ">メンズアグブーツ</a>
by メンズアグブーツ (2013-10-14 20:26) 

アグブーツをきれいにする方法

クリスチャンの伝道団体(1)人に汚れ仕事を押し付けといて地の塩ww世の光ww:クリスチャンの片隅で暴論を吐いてみる:So-netブログ <a href="http://www.cdtm.edu.vn/uggnobutsu/uggboots_77.html" title="アグブーツをきれいにする方法">アグブーツをきれいにする方法</a>
by アグブーツをきれいにする方法 (2013-10-14 20:26) 

男性のためのアグの

-- <a href="http://www.cdtm.edu.vn/uggnobutsu/uggboots_40.html" title="男性のためのアグの">男性のためのアグの</a>
by 男性のためのアグの (2013-10-14 20:26) 

NO NAME

kgkの方と集団的自衛権について話し合ったところ驚くべき暴言を聞くことが出来ました。中国の領海侵犯、中国空軍による自衛隊機の以上接近という到底容認できない挑発を行っているのにかかわらず、聖書の右の頬を打たれたら左の頬も出しなさいという身言葉を引用し、平和なら尖閣が取られもいい、日本が滅びても天国に行けるからいいと言っていました。集団的自衛権に賛成の人はクリスちゃんではないと言っていました。
by NO NAME (2014-07-18 23:12) 

oku

kgkの方と集団的自衛権について話し合ったところ驚くべき暴言を聞くことが出来ました。中国の領海侵犯、中国空軍による自衛隊機の以上接近という到底容認できない挑発を行っているのにかかわらず、聖書の右の頬を打たれたら左の頬も出しなさいという身言葉を引用し、平和なら尖閣が取られもいい、日本が滅びても天国に行けるからいいと言っていました。集団的自衛権に賛成の人はクリスちゃんではないと言っていました。
by oku (2014-07-18 23:12) 

tomoo

福音派クリスチャンホーム育ちのクリスチャンです。以前からこちらのブログを拝見させて頂いております。
KGKのような素晴らしい団体のどこが問題なのでしょうか?聖書信仰に立っていない異端スレスレのリベラルはキリスト教全体の問題だと思います。

セックス云々と言うてますが、私は過去に女性と交際した事があっても純潔童貞を守っており結婚相手には処女を求めています。神様の御前で聖書的な、きよい純潔結婚したいと思うのはクリスチャンなら誰だって自然な事だと思います。

是非福音派の教会で信仰を持たれ悔い改め救われて下さい。アーメン。
by tomoo (2016-04-26 05:51) 

お名前(必須)

でっかい会社に勤めて、分厚い真綿に包まれたまま悟りきったような珍説ネットにいつまでも並べててんなボケカス。
こんだけ批評するならお前自身が全て捨ててこの世に一筋の光でも残るような事業なり伝道なりやってみろよ。
できないだろうがネトウヨ
by お名前(必須) (2017-05-19 20:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。