So-net無料ブログ作成

クリスチャンと同性愛(2)主張するなとはいわんが自分ができもせんことを人に要求するのは愛か? [クリスチャン業界の下世話な話]

さて、福音派の同性愛理解を示す資料として名高い「同性愛についての資料と牧会上の指針」というものがある。
師の深い神学的理解に基づき、かつ現在の教会の現状や社会的に同性愛者の立場を
豊富な資料に基づいたレポートである。
私の知っている同性愛者複数にこのレポートを見せたところだいたいが、

「まあ!ひどいわね☆」

「こっちの気持を考えてない」

「こんなもんじゃね?つか自分クリスチャンだったのワロスwwwww」


だったが、

クリスチャンの端くれである私の意見としては、聖書の御言葉に立つ福音派のあれがぎりぎりの限度で、むしろあれ以上逸脱してはならない、と考えている。

しかしそれでも疑問に思う点もある。

「一つは同性愛傾向が異性愛に解消された後、異性との結婚生活の中で性を享受する」

具体的に「性の享受」とはなんだろうか。
イクかイカないか快楽の話か、それとも結合の話か。受精の話か。
それはノンケでも同性愛者でもどう違うというのだろうか。
この点に関する神学の回答を浅学にして私は知らない。

性愛がない愛は愛ではないというだろうか。それでは逆に聖書の御言葉に反してしまう。
あれだけ情欲をもって異性を見てはならないこと特に婚前交渉の禁止を主張している人は、
ことさらに性欲から離れた友情的な、パートナー愛を持つことを推奨しているではないか。

なんだかんだいって既婚同性愛者もほとんどは家庭を大事にし、浮気や不倫はしない。(ばれた時のリスクが高すぎるという理由もある)
ノンケしか好きになれない同性愛者は、告白すらできず一人で思いを押さえて貞潔を保った生活を送っている場合も多い。

クリスチャンに限らず世間では同性愛者がやたらセックスしたがってると思いたいふしがあるようだが、
個人的に見る限り、結婚してないノンケとそう変わらないように見える。
が、性生活に奔放な同性愛者(特にゲイ)は確かに存在する。HIVに罹患している者も多いことは否定できない。
むろんただ単に「セックス大好きヤホー」さんもいると思うが、私が接する限り、いくら楽しくても結婚もできず子供も持てないし、「長生きしても仕方がない」と深い厭世観がかい間見える。
またそれを裏づけるように同性愛者の自殺率は極めて高い。
そして現在の教会では、そのような深い厭世観を払拭するどころか、
逆に救いを求めるものに石を投げて谷底に突き落とすステファノばりの処刑をくらわす有様だ。


結婚は神の前で神聖というフレーズがある。隣人愛と言う言葉がある。
どちらもクリスチャンが好き好んで使う言葉だ。
では我々は一生性欲を封じ込め異性を愛し結婚することを決断した同性愛者の決意が神聖じゃないものといえるだろうか。
契約結婚、偽装結婚が破綻して傷つく可能性のある人々のことを考え、社会的不利を承知の上マイノリティとして生きる彼らの壮絶な覚悟は隣人愛に近いものではないだろうか。


性愛のない愛こそが本物というのならば、性愛のない愛と結婚をしている同性愛者の方がよほど主のみこころにかなっているのではないか。


同性愛者が同性婚をもちだすのは、同性愛がタブー視され一神教の影響の強い国で
社会的な保障制度が整備されず、人権が侵害されている現状があるから声をあげるのだ。

「我々同性愛者に修行僧のような生活を強いるのならば、せめてその相棒の修行僧の葬式ぐらいは出させてくれませんかね」ということである。

社会的制度が整備されない限り、長年暮らしているパートナーが急死しても共有財産はふんだくられ、事故にあっても手術の同意書にも署名できない、集中治療室にも入れない、葬式は家族に叩き出され、自分は良くて孤独死悪くて殺人。自殺率はべらぼうに高く老後の保障もない。

そんな現状があったら私でも権利を主張する。

権利を表だって主張する者もいるが、できない同性愛者だってたくさんいる。
そもそも親にさえなかなかカミングアウトできないものなのだ。
カミングアウトの選択をせず、生きがいを求めて子供を求めて法的な保護を受けることを求めて家族を安心されるためetc...偽装結婚やら友情結婚をしようとする。誰が責められようか。

同性愛者に石を投げたり殺害して迫害しまくっているのは主に聖書的なクリスチャンであることは
この現代、多少の脳がある人間なら誰でも知っている。

私はクリスチャンなので同性婚にはやや慎重な立場をとる。
だが同性パートナーシップ制度は、整備されるべきと考えている。

制度が整わない限り、社会の結婚の圧力は強まり、いつまでも偽装結婚や友情結婚は続く。
事実に気がついた配偶者や子供は深く傷つき、それを見越して相手の気持を尊重し独身を選択した同性愛者には今度は石を投げる。

独身同性愛者に石を投げ続け、偽装結婚や友情結婚を推奨するのが教会の望みであるならばこれからもそうすればよい。

毒麦を投げるのが使命です!↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 


コメント(4) 

コメント 4

浅見定雄のシンパ(自称)

 ヘテロセクシャルですが、お邪魔します。

 こんなブログ記事もありますので、ご参考までに……。
(既読でしたら、ご容赦願います)

 http://jack4afric.exblog.jp/12025085

 http://jack4afric.exblog.jp/4969073/

(なお、私はこの著者の意見に対しては、あくまで中立の立場です)
 今後とも、切れのある記事、期待しております。
 
by 浅見定雄のシンパ(自称) (2011-11-09 22:15) 

端っ子

>浅見定雄のシンパ(自称)様
コメントありがとうございます!
推薦頂きましたブログにつきましてはすべての記事を読んでおります(ファンですw)
またLGの世界でもゲイリブVS反ゲイリブの構造があり、
どこの世界も内ゲバあるな~と思ってます。
個人的には差別利権はそれこそ白日の下にさらすべきと思いますが、賛否両論あれ、
権利獲得には声をあげた先人の働きがあり、問題が明らかになったとはいって
すべてを評価しないという見解はなるべく避けたいと思っております。
(こんなブログ主に言われたくないとお思いの人もたくさんいるでしょうが)

これからも見守って頂ければ幸いです。

by 端っ子 (2011-11-09 22:35) 

チップモンク

神様は、ゲイもレズビアンも愛しておられますよね。

うちの教会は、ゲイもレズビアンもクリスチャンですよ。

私たちが聖書に書かれているように生きられないから、イエス様が死んで私たちの罪をあがなってくださったんですよね。

色々なクリスチャンがいて、色々な教会の考えがありますが、神様がすばらしいからそれでいいです。

「信仰、希望、そして愛。その中で、一番大切なのは愛です。」

神様の領域は、人間のそれを超えた偉大なもの。

ただ、神様のすばらしさに目を向けていきたいです。


by チップモンク (2011-11-12 10:27) 

端っ子

> チップモンク さん

コメントありがとうございます!
うちの教会は、ゲイもレズビアンもクリスチャンですよ。
素晴らしいですね。うちの教会は…まずムリでしょう(苦笑)

>聖書に書かれているように生きられない

生きられないからこそ、主はロボットじゃなく我々に「自由意志」をお与えになった、と私は考えております。
愛しているから、考えろと。子供の獅子を蹴落とす親獅子のように。

>神様の領域は、人間のそれを超えた偉大なもの。
私もそう思います。しかし聖書が与えられている以上、何らかの秩序も
命じられているのは確かで、その秩序を計り知るのが困難で、場合によってはイエスの命じる「隣人愛」の概念とよく結びつかないように「見える」ので難しいです。

私もできるだけ目を向けて生きたいとは思ってます。
またお越しくださいね♪ありがとうございました!
by 端っ子 (2011-11-13 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。