So-net無料ブログ作成

クリスチャン業界(主にプロテスタント)にちょっと言ってみる(1) 児童・青年向けの本の低レベルさ [クリスチャン業界の下世話な話]

私自身、日曜学校の教師をしているのでキリスト教書店に出向くことは多い。
そして行く度に、児童・青年向けの本・音楽・グッズの質の低さに嘆息する。

格調高いっぽいデザインで統一しているカトリックの場合、

「うちはうち!よそはよそ!古臭いリアルな油絵だけどマリア様はマリア様!!」

と、とにかく2000年大体一貫しているのでそれはそれで一つの文化として成立しているが、
カトリックの「抵抗」勢力としてのプロテスタントが今だ迷走しているように見える。

児童・青年用の書籍等をパラ見して、後ろの値段を覗く度に

「そこらの中学生でももっとましな話・絵・曲を書くだろう」
「信仰があれば、質が低くても許されるとでも思ってんのか」

というようなこの世以下の低レベルな作品をバカ高い値段で売っている様は
まるで某同人誌即売会のぼったくりの薄い本を彷彿とさせる。

haruhi.jpg

児童向け伝道雑誌(某キリスト教出版社)の表紙のキャラと某同人誌即売会の薄い本のキャラと奇妙な類似

(お隣の某赤い大国のことを笑えないし、なまじっか薄い本の絵のクオリティが高いので余計みじめである)


なんとか子供達にキリスト教を興味を持ってもらいたいと試行錯誤をしているのが伝わるが、
「この世」を敵視している割には、中途半端に「この世」をとりいれようとするものだから
結果が悲惨になりがちである。

作品が良くない→売れない→原価を高くするしかない→ますます売れない

の悪循環に陥っているようでならない。

それでも「この世」の人達がどれだけ利益を得るために例え子供向けでも
必死にマーケティングリサーチをしているかなんぞ「この世的な拝金主義」と一笑して考えもしない。
市場が狭く選択肢が少ないことをいいことに、ろくなリサーチもせず低レベルなものを量産して、
売れなかったら、「サタンの作った世界は魅力的だから」
「この世」のせいにして子供を囲いこもうとする。冗談じゃない、サタンさんに失礼である。

クリスチャン以前に要するにこんなのは信仰にあぐらをかいたズボラなのである。

こんな大人なクリスチャンの、

「クリスチャンなら多少手を抜いても、質がイマイチでも
信仰がありますから買ってくれますよね?ね?」


みたいな拝金主義にも劣る俗悪さは、だいたい子供も敏感に察知していて、
クリスチャンホーム出身の子は小さい頃から家庭の空気を読んでいるので、
こんな作品でも諦め半分で受け取ってくれるが、ノンクリの家庭の子はそうはいかない。

一回、某福音派出版社の子供向け雑誌を他の教師が子供達に配布したことがあったのだが、
後に子供達がそれをこっそり壁の隅っこにまとめて捨てていたのを発見した時は

「子供達の美的感覚は正常だ」

と感心したものだ。


だがそんなこと教会で発言できるはずもなく、教会の子供達(特にクリスチャンホームの子供)には、
キリスト教かそうじゃないかという狭量なことにこだわらず、
ただ、美しいものをたくさん見て触れてくれと祈るだけである。

わしゃ毒麦じゃあ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 11

1クリ

初めまして!

某ブログで紹介されておりましたのでやってきました。

一通り読ませていただきましたがまったくごもっともなことばかりです。

一応福音派の伝道熱心な教会の会員で(既婚)礼拝だけはかろうじて出ていますが、色んなことのレベルの低さに絶望して参加する機になりません。

そこに自覚がない教会が多いようなので、新たな人(特に男性)を獲得するのは難しいのになと教会に行く度に思います。

このブログでの色んな記事をこれからも楽しみにしています!
by 1クリ (2011-11-04 15:42) 

端っ子

1クリ様
このような偏狭かつ辺境のブログにようこそおいでくださいました。
どうも水谷師のブログに紹介されたようで・・・驚いております。
師の寛容さに頭が下がる思いです。

>福音派の伝道熱心な教会の会員

・・・お立場お察し申し上げます。ほとんどの福音派の教会は
穏健なものと存じますが一部伝道熱心のあまり神学的にも
社会的にも文化的にもどうかと思えるものが溢れております。

また伝道熱心で周りが見えていないので、客観性が失われ自助作用が
なくなりそれがレベルの低さに繋がっていると思います。
今のままで若い人(特に男性)を教会に招くのは難しいだろうな~と常々感じております。

楽しみにしている、とのことありがとうございます。
寛容さに甘えこれからも暴論を吐くでしょうが、
暖かい目で見守って頂ければ幸いです。


by 端っ子 (2011-11-05 00:32) 

トニー

はじめまして。トニーといいます。

私はいわゆるブロガーではないですが、水谷氏のブログは愛読しています。実際に彼に会ったこともあります。そこからのつながりでここにたどり着きました。
端っ子さんのブログは色々正直に突っ込んでおられるので、全面的に賛成はできないまでも、いいなと思っています。

今回の記事は僕にも少し関係あるなー(僕もそれで生計を立てているわけではないですが曲を書くので)、そして共感する部分もあるなー(やはり全面的賛成とはいえませんが)と思い、コメントしました。

http://tonysekine.bandcamp.com/

端っ子さんに僕の曲をきいてもらったらどんな感想を持たれるかなと思い、音源の試聴のできるリンクを貼らせてもらいました。よかったら聴いてみてください。
by トニー (2011-11-05 01:56) 

TOKO

TOKOです、たびたびすみません。

日曜学校の教材など、子供が食いつくかどうかってとても
大切なんですよね。
私が以前通っていた某教団の教会は、かなり時代遅れというか・・・
用意をする私自身のやる気が出ないというか・・・で、
子供達が本当に楽しく、また面白く聖書に親しむためには
ひと工夫もふた工夫も必要でした。

ご指摘、ごもっともだと思います。

今通っている教会は、キッズがとても充実しています。
アメリカから教材とかクラフトの材料を取り寄せているので、
その分、翻訳の作業も必要なんですけれど、
大人のスタッフ自身が楽しみにしてるためか、
子供達も日曜日を楽しみにしています。
ヒップホップのダンスや、月に一度は駄菓子の屋台を
出したりと、子供が楽しくて仕方なくなるような
企画が盛りだくさんです。

子供なんだから、このくらいでいいだろう、とか、
そういうのは敏感に子供は分かってしまいますからね。
大人もホンキにならないと、ついて来ません。




by TOKO (2011-11-05 11:31) 

端っ子

>トニー様

水谷師のブログからいらっしゃったとのこと、
こんな癖の強いブログに!

曲についてですが、実はHIPHOP系はあまり詳しくないのです。
しかしせっかく紹介させて頂いたので後日、いろいろ勉強した後、
全曲視聴して自分なりの批評をブログに載せたいと考えておりますが
いかがでしょうか?

クリエイターとして頑張ってくださいね!
ありがとうございました☆
by 端っ子 (2011-11-10 00:38) 

端っ子

>TOKO様

お返事が遅くなりまして申し訳ありません!
日曜学校の教材、大変ですよね・・・
>用意をする私自身のやる気が出ないというか・・・で、
わかります。また子供のテンションが下がるのがわかってるからまた。
一工夫するために手間がかかります。

>アメリカから教材とかクラフトの材料を取り寄せている
私も海外のサイトはちょくちょく見ているんですが、やはり本場は
素晴らしいのでしょうね!
>ヒップホップのダンスや、月に一度は駄菓子の屋台
屋台系はうちもやります!ヒップホップは子供喜ぶだろうな~

大人が本気にならないとついてこない、最もです。
そしてそんな姿勢を大人は子供に見せてはならないものです。

すごく色々参考になりそうで、よかったら詳細を教えて欲しいです。
私も色々探してブログにのせていきたいと思います。
ありがとうございました!
by 端っ子 (2011-11-10 00:45) 

トニー

コメントありがとうございます。

批評をブログに載せてくださるのは大歓迎です。ぜひよろしくお願いします。

ただ、「いろいろ勉強」する必要はないと思いますよ。
というのは、僕はラップというアートフォームはとっていますが、特に「ヒップホップのリスナー」に向けて曲を書いているわけではないからです。

単に「自分の中にあるものを表現するのに、ラップが自分にできる&やりやすい」方法だからラップをしているのであって、それを「普通の人」がきいてどう思うかが大事だと思っています。

なので、僕としては「普通の人」がきいた「ひとつの音楽(あるいは詩)」としての感想を書いてくれた方が嬉しいです。

ただ、自分が何かについて感想を書くときには下調べしてから書きたいという気持ちはわかりますので、どういう風に書いてくださるかは端っ子さんにお任せします。

よろしくお願いします。

by トニー (2011-11-11 01:42) 

TOKO

端っ子様、コミケ準備でお忙しそうなのに、
ご丁寧にご返信ありがとうございます。

私のダンナは日系アメリカ人宣教師で、義兄はハワイで
牧師をしています。
そのハワイの教会では、イースターのキッズイベントに
3千人の子供達が集まり、イースターエッグハントに
参加しました。それだけの数が集まったにも関わらず、
子供達はそれぞれが20個ほどのエッグをゲットして
喜んで帰って行きました・・・。
って、どれだけ子供に「投資」をしているか、という話です。
やるならとことん、ハンパなことじゃダメです。

日本の教会がアメリカナイズする必要は全くありませんし、
同じことをやれ、と言われても、物理的にムリ!
それなら、自分達の身の丈でできる限り、楽しいことを
企画し、そしてそれなりに高いクオリティと、
「投資」を惜しみなくする、
今の現状でできるのは、それくらいでしょうか・・・
もちろん、各々、大人のスタッフ達のヤル気にも
関わってきますけども。

大人の礼拝以上に、キッズは多くの人のエネルギーを
時間を犠牲にするものかもしれません。

教会のURL貼っておきますので、キッズのコーナーを
ご参照下さい。何かご参考になることがあれば
幸いです。
by TOKO (2011-12-07 14:47) 

端っ子

>TOKO様

先にコメント頂いた続きましてこちらも返信が遅くなり申し訳ありません。
ハワイの教会の日曜学校の様子とても興味深いです。
三千人の子供達がそれぞれ20個のイースターエッグ…目がくらくらしてしまいます。
ただ規模の小さい日本の教会でそれをやったら間違いなく破産覚悟、十三献金ぐらいあっても足りないでしょうね。
結局はエネルギーか金、どちらかを投資するしかないのですが、クオリティを高くして工夫する方が今のところ現実的かもしれません。

教会のURLありがとうございます。参考にさせて頂きます!
by 端っ子 (2012-01-07 00:32) 

果ての向こう側

右見て ゲボ 左見てゲボ 己みてゲボ、二日酔い見たいに胃痛が痛い、飽きれ返る気力も失せた アイツもコイツもソイツもドイツもあやかや言う ああしろ、こうしろ、そうしろ、どうしろ、いろいろ言う、何処に男の夢がある?宗教絡みで、自分を縛る程、アタシもアナタも自惚れちゃいけませんね、何処が誰が悪いとかそんな事でない 己の人類の罪とやらを認める事からはじめたいんです、後かい、教かい、そうかい、金かい、快かい、愛かい、貴様と俺とは同期の雑そう、同じブログの庭におる 寅さんの様なのがクリスチャンに相応しい マハトマ、ガンジーも失望せんかったろうによ オイラも
by 果ての向こう側 (2014-07-24 07:59) 

すみっこ

クリスチャンのブログで初めて楽しいブログを、拝見しました。辛口の更新楽しみにしております。
by すみっこ (2015-02-01 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。